ギター自作派におすすめ ボディ&ネック用木材販売のアイモク(aimoku)

ギター用の木材購入

 

アイモクさんは角材の状態から調達できるのはもちろん、ボディの加工もしてくれます

 

ギターを自作したい人にとってアイモクさんは欠かせないといっても過言ではないくらいお世話になる木材販売会社です。

 

アイモクさんではボディのみではありますがオプションで加工料「+¥5,500~」を払う事でストラトキャスター、テレキャスター、ジャズベース、プレシジョンベースの形をNCルーターで精密に加工してもらえます。

角材からの製作は少しハードルが高いなと思う方はぜひオプション加工を利用してみてはいかがでしょうか。

※アイモクさんではネックの加工は受け付けていません。

 

大手ギターメーカーとの取引もあって信頼性あり

 

アイモクさんはギターメーカーにも木材を卸しているので安心して注文できます。

木材のグレードは一部を除いて基本的にはB~2Aまであります。

例えばアルダー2A(一番上のグレード)で2021年現在「¥5,830」です。これにボディ加工費を加えても「¥11,330」です。

人によって価値観はぞれぞれだと思いますが僕は安いと思います。もちろん安さだけではなく木材自体の品質も比較的安定しているので個人的には信頼しています(もちろんグレードの低い木材を注文すればグレードに見合ったそれなりの木材しか届かない事は留意しておきましょう)。

 

 

アイモクさんの木材グレードは市販品ギターと比べたら?

 

以下は主観です。

木材はアルダーで考えてみます。

アイモクさんのアルダー2Aグレードは大体国産ギターの20万前後の物と同等だと感じています。

という事はこの木材を使ってギターを作れば音質、質感ともに優れたギターができる可能性があるわけです。とはいえギター作りには経験、知識、技術が必要なので必ず良いギターができるか?と聞かれれば始めのうちはおそらく難しいでしょう。なので始めはグレードを下げ安い木材でギター作りをするのも有りかと思います。

 

ギター自作に興味ある人はとりあえずアイモクさんのサイトを覗いてみて下さい。

アイモクさんのサイトを覗き木材を見ているだけで「ワクワク」してたらあなたはすでに自作ギターの入り口に立っていると言っても良いかもしれません。

アイモクさんのサイト↓

aimoku|楽器の木材用材の販売加工

 

下記はアイモクさんからアルダー2Aのボディ材を購入した際の記事です。参考にしてみて下さい↓

アイモク(aimoku)でボディ用木材を購入しました アルダー2A
では早速本日テレキャスターのボディを製作する為の木材が届きましたので製作前にご紹介します。購入したのはアルダーの2Aグレードです。追加注文で厚み加工を45.5mmで発注致しました。通常テレキャスターは45mm位のボディ厚なのですが0.5mm厚く注文したのは製作時に木材を紙やすりなどで研磨して仕上げた時全体的に薄くなる為です。

ばんば

サウンドハウス 
サウンドハウス 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ギターの花道