ギター自作派におすすめ ボディ&ネック用木材販売のアイモク(aimoku)

 

アイモクさんは角材の状態から調達できるのはもちろん、ボディの加工もしてくれます

 

aimoku|楽器の木材用材の販売加工

 

ギターを自作したい人にとってアイモクさんはとても重宝する木材販売会社です。

ボディのみではありますがオプションで加工料「+¥5,400~」を払うことでストラトキャスター、テレキャスター、ジャズベース、プレシジョンベースの形をNCルーターで精密に加工してもらえます。角材からの製作はちょっと無理って方は利用してみてはいかがでしょうか。

※アイモクさんはネックの加工は受け付けていません。

 

ギターメーカーとの取引もあり信頼性抜群!

 

アイモクさんはギターメーカーなどにも木材を卸しているので実績もあり、高品質な木材を提供しています。

木材のグレードは杢のきれいなメイプル材を除いてB~2Aまであります。

例えばアルダー2A(一番上のグレード)で2017年現在「¥5,724」です。これにボディ加工費をくわえても「¥11,124」です。

 

どうですか?安くないですか!

 

アイモクさんのアルダー2Aグレードの木材は主観ではありますが大体国産ギターの20万前後の物と同等だと思います。なのでこの木材を使ってちゃんとしたギターを作ることができれば音質、質感ともに優れたギターができるわけです。(とはいってもそれなりの経験が必要です)

自分でギターを作ってみたいと思った事が一度でもある方!もしアイモクさんのサイトを覗いて木材を見ているだけで顔が「ニヤニヤ」してたらあなたはすでに自作ギターの入り口に立ってますよ。

アイモクさんからアルダー2Aのボディ材を購入しましたので参考にしてみて下さい↓

アイモク(aimoku)でボディ用木材を購入しました アルダー2A
では早速本日テレキャスターのボディを製作する為の木材が届きましたので製作前にご紹介します。購入したのはアルダーの2Aグレードです。追加注文で厚み加工を45.5mmで発注致しました。通常テレキャスターは45mm位のボディ厚なのですが0.5mm厚く注文したのは製作時に木材を紙やすりなどで研磨して仕上げた時全体的に薄くなる為です。

ばんば