ギター調整に良質な六角レンチのすすめ 穴がなめるその前に WERA

 

 WERAのレンチはとにかく六角穴がなめにくい!

 

はい早速ですが前回のWERAのおすすめドライバーの紹介に続き、今回は同じくWERAの六角レンチのご紹介をさせて頂きます。

ドライバー編はこちら↓

ギター調整に良質なドライバーのすすめ WERA Kraftform Plus 
良質なドライバーはギター調整時の「ヒヤッ」とする機会を減らしてくれる!このドライバーの先端は細かくギザギザしているのが特徴で、ビスなど回している時に先端が滑りづらくなっており、ビスへの食いつきも良く非常に安心して使えます。WERA社の工具はこれ以外にも全般的に非常によくできていてコストパフォーマンスも他メーカーと比べ比較的良いのでとてもおすすめできます!

 

僕が現在実際に使用しているのはコチラです↓

なるべくあらゆるギターに対応できるように「ミリ」と「インチ」両方揃える事をお勧めします。

ミリ規格

 

インチ規格

 

WERAのドライバー編でもなめにくいとか言ってましたけど、六角レンチも同様で、なめにくい上に食いつきがとてもよいので回しづらくなったボルトなどに最適です。

WERAの六角レンチは独自の「Hex-Plus」と呼ばれる面接触構造になっています。この構造のおかげで六角穴の内側を傷めず、ねじの長寿命化を実現しています。

左が「Hex-Plus」のレンチを使用し続けた場合で、右が「Hex-Plus」ではない六角レンチを使用し続けた場合の例です。

右側の六角穴は角が丸くなってしまいおそらく回すのが非常に困難になっていると思います。それにひきかえ「Hex-Plus」構造のほうは六角穴の角を傷めず長く使用し続けることが可能です。

 

ギターの一つ一つのネジやボルトはメーカーによってギター独自の特殊なサイズや形、色をしている場合があります。もしそれがなめてしまったらどうしますか?メーカーから取り寄せ可能ならいいですが、場合によっては取り寄せ不可で代用品をいろんなとこから探さないといけなくなるかもしれません。そうならない為にも良質な工具を事前に用意しておきましょう。

ばんば