ハードテイル仕様のジャズマスター自作に使用する木材の詳細

ジャズマスター自作2ギター用の木材購入

 

使用木材の詳細

 

木材の内訳は下記です↓

ボディ・アルダー(大和マーク)

ネック・ローステッドメイプル(スチュマックで購入)

指板・ローズウッド3A(ルシアーオブジャパンで購入)

 

まずはボディから↓

ボディ材はアルダー。今回のアルダーは残念ながら木目があまり綺麗ではありません(アルダー特有の「茶色いスジ」がかなり入っています)。なので塗装は現段階では潰しカラーにする予定でいます。

 

ネック材と指板材↓

ネックは前回のディンキーストラトに引き続きローステッドメイプルを使用します。木目は荒めの板目材で綺麗ではないです。

指板材はインディアンローズウッドで色、木目は良好です。

 

重量はボディ材が4.255㎏。

寸法は厚み約43.5mm、長さ約500mm、幅約360mmです。この寸法で4㎏を切っていないのは個人的にはかなり痛いです(経験上似たような寸法であれば大体4㎏以下に出会う事が多いので)。

※今回は大和マークでボディ材を購入したので自分で厚みを調整しました(48mm→43.5mm)。

 

ネックは寸法が厚み約24mm、長さ約1020mm、幅約762mmで1.47kg(重量はまあまあです)。

※指板重量は完成時の重量に大きくは影響しないので割愛。

 

上記を見れば分かりますが次回のジャズマスター製作での懸念点は完成時の重量です。加工していく中で重量バランスが改善していく個体もありますが現段階では何とも言えません。

ちなみにハードテイル仕様の為トレモロユニットやアームが無い分多少軽くはなりますが、その反面ザグリ部分(プリセット部やトレモロユニット部)が減った事による木材側の重量増加があるのでここは期待せず±0で考えています。

ばんば

サウンドハウス 
サウンドハウス 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ギターの花道