ピックアップの高さを数値で見る 自分でやるピックアップ調整

 

ピックアップのポテンシャルを最大限に引き出す

 

昔、現在問わずピックアップの高さやバランスが崩れたまま演奏していらっしゃる方がいまだに多いように思えます。

高さが適正値範囲でないと良質なピックアップを搭載していたとしてもそのピックアップ本来のサウンドを引きだせていない状態になっているかもしれません。

これを機に自分でピックアップの高さを確認してみましょう!

 

基本的にピックアップの高さ調整は弦高調整が終わってからです。

 

弦高調整はこちらを参考にしてみて下さい↓

ギターの弦高を数値で見る!自分でやる調整、一般的な弦高とは?
僕がいろいろな人のギターを調整&リペアしてきた経験上の答えとして弦高は「ギターの持ち主の演奏スタイル(ジャンルも含む)や弾き癖」などを考慮した上で決めるのがベストだと思っています。その結果として人によっては弦高が低めの方が向いてたり逆に高めの方が向いてる場合があります。

 

ピックアップの高さ調整のやり方

 

まず上の画像のように最終フレットを指で押さえた状態で計測したいピックアップのポールピース上から弦までの「隙間」をスケールで測ります。(6弦と1弦の2箇所を計測します)

 

隙間が多い=ピックアップのセッティングが低い
隙間が少ない=ピックアップのセッティングが高い

 

※弦高の調整同様に「精度の出ているスケール」を使用する事をおすすめします↓

 

下記の数値が高さの目安になります(数値は僕の経験に基づいたものです)

エレキギター

 

 高め→低め高め→低め
フロント6弦2.5~3.5mm位1弦2.0~3.0mm位
リア6弦2.0~3.0mm位1弦1.5~2.5mm位

 

リアピックアップはフロントピックアップより0.5mm位高くセッティングします。

 

※センターピックアップを搭載しているモデルの場合はフロントピックアップとリアピックアップを先に調整し、その中間の高さになるようにセンターピックアップをセッティングして下さい。

例:フロント6弦側3.0mmの場合 センター6弦側2.6~2.9mm リア6弦側2.5mm。画像のようにフロントからリアに向かって段々と高くなるようにします。

 

6弦側と1弦側の高さは異なる高さにする

 

一般的には6弦側の高さを先に決め設定した6弦側の高さに対して1弦側は0.5mm位高くセッティングをします。(弦が細くなる高音弦側は音量が低くなるのでピックアップを近づけて音量バランスを取る必要がある)

例:リアピックアップの6弦側の高さを2.5mmに設定した場合は1弦側を2.0mm位の高さで調整。この場合画像の用に斜めになった状態で正常です。

ポールピースの高さが調節できるもの(ハムバッカー、P90など)は6弦側、1弦側の高さを決めた後に5~2弦のポールピースの高さを指板のカーブ(R)に合わせても良いです。

スポンサーリンク

 

エレキベース

 

ベースの場合もギターと同じやり方でセッティングします。

 高め→低め高め→低め
フロント6弦3.5~4.5mm位1弦3.0~4.0mm位
リア6弦3.0~4.0mm位1弦2.5~3.5mm位

※ベースは弦が太いのでギターに比べ少し低めのセッティングにするのが一般的です。

 

高さで音はどう変わる?

 

高い→音量UP。アタック感が増え派手な音になる。しかし高すぎると音が割れやすくなったりするので要注意!
低い→音量DOWN。マイルドで太めのサウンドになる。下げすぎると輪郭のはっきりしないサウンドになるので要注意!

以上でピックアップの高さ調整の説明を終わります。

もし自分のギターの音がいまいち良くないと思ってる人は案外ピックアップの高さ調整をしたら今までとは違うサウンドに生まれ変わるかもしれません。

ばんば