ギターの製図を無料でダウンロードできるサイト

 

ギターの製図をElectricheraldからフリーダウンロード

 

 

僕のブログではジャズマスター、レスポール、ムスタングなどの自作時に海外のサイト「Electricherald」より製図をダウンロードしてギター製作に役立てています(今後も僕のギター製作においてこのサイトとは長い付き合いになると思っています。)

当ブログ内の各ギターの製作記事の中でも「Electricherald」を紹介しているのですが中々該当記事にたどり着かず知らないでいる方がいたとしたらそれは「もったいないな」と思いましたので今回改めて記載しておきます。

そもそもギター製図というのは「手書き」による図面であったり「PC」を使用して図面を引いたりするのが一般的でしょうか?

仮に手書きでの製図は直感的にできたとしても「PC」での製図の場合はそれなりの知識や経験、設計用ソフトなどが必要なのでハードルが高いと思います。ちなみに僕はPCを使用した製図作成は一切分かりません。

そんな僕が出会ったサイトが下記のElectricheraldです↓

Guitar Templates Archive | Electric Herald
Free guitar templates available to download - all plans are provided in PDF format, and printable 1:1 scale for ease of use. Perfect for custom builds.

 

上記サイトはあらゆるギターの製図を網羅しているとうわけではありませんが一応主流なレスポール、ES-335、ストラトキャスター、テレキャスターなどの製図はあるので非常に重宝するかと思います。もちろん他にも魅力的な製図もあるのでぜひ確認してみて下さい。

ちなみに無料でダウンロードできるファイルの形式は基本的にはPDFになります。

僕の場合はダウンロード後にファイルをadobe readerで開き「スナップショット」で任意の範囲に分割して印刷しています。分割する理由は大きいプリンターがないからです。(A4用紙の場合ボディで4分割)

印刷後は各用紙をテープなどで繋ぎ合わせて使用するという形をとっています。(ファイル自体は基本的に実寸サイズになっているようですが一応印刷する際は実寸サイズになっているかプリンターやPCの設定を要確認)

印刷した用紙の繋ぎ合わせ等はジャズマスター自作時の記事を参考にしてみて下さい↓

ジャズマスターのボディ用テンプレート(冶具)を作る
今回のテンプレート製作はストラトやテレキャスターの時とは違い型元となるボディを所有していませんので海外からフリー素材の製図をダウンロードしました。まずはダウンロードした製図をプリントアウトします。製図は大型のプリンターがない限り一枚の紙に収まらないので今回は下の画像の用に4枚に分けてプリントしました。※プリントアウトする時はちゃんと実寸サイズになっているか要チェックです。

 

最後に

「製図が書けないからギターは作れないですよね」という趣旨のお問い合わせがたまに来るのでElectricheraldを改めて今回紹介した次第でございます。※もちろんオリジナルモデルを作るのならば製図は何らかの方法で書けた方が良いのは事実ですが。

あといつまでElectricheraldが存続しているかは分からないので自分が将来的に作りたいなと思っているギターの製図は事前にダウンロードしておいた方が良いかと思います。

ばんば