ジャズマスターのリフィニッシュ

 

完成したジャズマスターの色を変える事にした

 

なぜ一度完成された物の塗装を変更するのか?

今回の理由に関してはこのカラーが唐突にダサく感じるようになってしまったからです。

それはホント突然のできごと。完成後自室に飾っているジャズマスターをふと見上げた時に「この色やだ」という思いで頭が埋め尽くされてしまったのです。こうなってしまったらおしまい、いてもたってもいられずリフィニッシュの決意をしたわけです。

 

早速パーツを取り外しました↓

 

パーツ取り外し後は表面のクリヤーを削りました↓

着色層は残し表面のクリヤーのみ上手く削っています。このギターはかなり薄いクリヤーで仕上げている為、紙やすりで1時間ほど研磨して着色層にとどきました。

 

クリヤーの剥離後はキャビティーとネックポケット部にマスキングをします↓

 

リフィニッシュのカラーはブラックにしました↓

上記で着色層を残したのは下地カラーとして利用できるからです。下地の木目を隠ぺい力のある白系で潰している為その後に吹き付ける色の塗料が少なく済み薄く仕上げる事が出来ます。また色によっては発色も良くなります(黄、赤系など)

 

着色後はクリヤーを吹き付けていきます↓

クリヤー計5回吹き付け後。

 

クリヤー計10回吹き付け後↓

十分な艶と塗膜ができましたのでこれで吹き付けは終わります。今回はブラックなのである程度の厚みになるようクリヤーを吹き付けています。

乾燥後の研磨でブラックは傷取りに苦労します。傷取りをやりすぎて塗膜が剥げないようにする為にある程度のクリヤー層が必要という事ですね。

次回塗面が乾燥後バフをかけたら各パーツを組み込み完成となります。

ばんば