ジャズマスター自作(4)ネックとボディの塗装

ジャズマスター自作

 

塗装開始

 

まずはウッドシーラー(ヤニ止め、吸い込み止め)を吹き付けました↓

 

ちなみにこの段階でのボディの重量は1.885kgでした↓

まだパーツが全て揃ってないので完成後の重量は予想できませんが少なくとも重くはならないと思います。

 

ウッドシーラー乾燥後↓

ボディ、ネックともにウッドシーラーを吹き付けた事で塗面には若干毛羽立ちがでています。これを紙やすりの600番(もしくは1000番)で軽く研磨して取り除いていきます↓

 

毛羽立ちを取り除いた後はサンディングシーラーの吹き付けです↓

 

乾燥したサンディングシーラー層の研磨↓

サンディングシーラーを塗布した塗面を紙やすりの320番、600番で削っていきます↓

 

全体の艶と塗面の凹凸が無くなるように仕上げていきます↓

 

塗面が整った後はネックにトップコート(ラッカークリヤー)を吹いていきます↓

ヘッドトップはいつも通り乾燥後バフ掛けをしてグロス仕上げに、ネック裏は後日に艶消しトップコートを吹いてマット仕上げにしていきます。

 

ボディはクリヤーの前に着色をします↓

今回の色はアンティークなホワイト系にしました。着色後は「色止め」としてクリヤーを薄く吹いています。

 

さらにクリヤーを重ねたボディ↓

艶感が増しているのが分かるかと思います。

これからしばらく乾燥期間に入ります。

ばんば

サウンドハウス 
サウンドハウス 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ギターの花道