フロントピックアップがP90のテレキャスター ルックスはかっこいいけど音は?

 

フロントピックアップにP90を搭載しているテレキャスターは格好いいが…。

 

早速ですが人によって上記のタイプは後で後悔する場合があります。「とにかくルックスさえ良ければ音はどうでもいい!」という方は問題ないです。

それ以外の方で「ルックスも音も両方大事」という方は良くスペックを確認したりサンプル動画があれば必ず見る事。一番良いのは実際に弾いてみる事ですけどね…。

 

上記タイプを購入する場合まず知っておいてほしい事

 

:構造上はシングルコイルだがP90はとにかく音が図太い!

:ノイズが多い(低出力仕様でも一般的なシングルコイルよりノイズが多いです)

 

例えばP90が搭載されているのがブリッジ側の場合は音ヌケと太さのバランスがちょうど良くとても扱いやすいです。

ではフロントポジションはどうでしょうか?

フロントポジションはP90だけに限らずどんなピックアップでも搭載位置の関係で太いサウンドが出るのが特徴です。そこにP90を搭載するわけですからかなり音は太くなります。

歪ませた時のサウンドは粗めのドライブサウンドが特徴で場合によっては少しブーミーになりやすい傾向にあります。

 

どんな時にフロントP90のサウンドが有効か?

 

クリーンサウンドでジャズ系のフレーズアプローチや、ハイポジションでの単音ソロフレーズはかなりメロウかつスムースに聞こえるので魅力のあるサウンドだと思います。

クリーンサウンドのカッティングも独特な太さとキレがあり魅力的です。(フロントではありませんがMIXポジションがかなりおすすめ)

 

アンプのEQでブーミーな音はなんとかなる?

 

もしブーミーな感じになってしまった場合はアンプのトレブルをあげたり、ベースをカットする事で対応できると思います。

※ただしフロントはいいですがそのEQのセッティングでリアに切り替えたら高音がきつかったり、細いサウンドになってしまうパターンが多いです。

「あちらを立てればこちらが立たず」

そういう場合はある程度EQのセッティングに折り合いをつけるか、リアのテレキャスター用ピックアップを太いサウンドの物に交換するなど検討した方が良いと思います。

 

インターネットのサンプルサウンド(動画も)の使用機材、セッティングに注意

 

某有名サイトでフロントピックアップにP90が搭載されたテレキャスタータイプのギターの動画を拝見しました。

その動画の中ではP90のサウンドの魅力について語っていましたが、ふとアンプのセッテイングを見るとトレブルがフル近くになっていました。

このセッティングでは本当のP90のサウンドは正直わからないと思います。

こういった動画は見た人に誤解を与えてしまってる可能性があり、実機との音の違いに戸惑ってしまう事もあります。

 

一般的な仕様のテレキャスターに後からP90を搭載する場合

 

リペア工房や楽器店などでテレキャスターのザグリを加工して後からP90を搭載する場合はできるだけ出力の弱いものを選ぶ事を強くお勧めします。あとザグリの位置を気持ちブリッジ側にずらした方が高音が出やすくなるのでお勧めです。

低出力仕様を出しているメーカーではLindy Fralinの「Soapbar P-90 Pickup Neck -10%」などがあります。

直流抵抗値でいえば6k前後を目安に選ぶと良いと思います。本当はこれよりも低いほうが良いですがそうなると作ってるメーカーが少ないです。

低出力&安価で購入しやすいのはコチラ↓

もちろん加工するテレキャスターのリアピックアップが高出力で太いサウンドなら通常の出力のP90を搭載して問題ないです。

ちなみに僕はテレキャスターのフロントP90サウンドは好きです。「愛すべきじゃじゃ馬」とでもいった感じでしょうか。

ばんば