ギターの重量 軽い?重い?の目安!あなたも計測してみよう!

 

ギターの重量はなにが正解か?

 

別にコレといった正解はないと思いますが一般的には軽い方が生鳴りが良かったり体への負担が少ない事がある為好まれる傾向にあると思います。

 

ちなみに上記画像で使用しているはかりはこちらです↓

上記のタイプは楽器店でも使っているのをたまに見ます。この機種は計測メーカーの製品なので精度に関しては申し分ないです。ただし重量の最小計測が0.005kg(5g)となっていますので1g単位で計測したい場合はAmazonなどで「デジタル はかり」で検索し対応しているはかりを探してみて下さい。

1g単位で細かく軽量できるはかりでも精度が悪い物を選んでは意味がないのでそれなりに信頼できるメーカーをお選び下さい。(極端に言えば本当は100gなのに精度が悪く90gと表記される物など)

 

下記数値は僕の経験に基づいた一部のモデルの重量目安です。

※各ギターの「普通な重量」は軽めの最大値と重めの数値の間ぐらいだと思って下さい。

※レスポールはボディのチェンバー加工(空洞加工)がされていないモデル、PRSはダブルカッタウェイモデルを想定。

 軽い軽め
重め
ストラト&テレ3.0kg以下3.1~3.4kg3.8kg以上
レスポール3.9kg以下4.0~4.2kg4.5kg以上
SG
2.8kg以下  2.9~3.2kg3.6kg以上
ES3353.0kg以下  3.1~3.5kg3.8kg以上
PRS3.2kg以下 3.3~3.6kg   4.0kg以上
アコギ全般1.8kg以下   1.9~2.0kg   2.4kg以上

 

他にも様々なモデルがありますがエレキギターであればおおむね「3.5kg」あたりを基準に僕は重量の判断をしています(フロイドローズ搭載ギターや厚いメイプルトップのギターは除く)。上記には記載していないですが例えばギブソンのレスポールスペシャルが「3.4kg」位だったら「比較的軽い個体」と判断しています。

 

アコギの重量に関しては下記も少しは参考になるかと思います。実際に僕が所有するアコギの重量なども測ってみたりしています↓

アコギの重量を表記していない楽器店は多い?軽い~重いの目安
僕が思うベストな重量は「2kg以下」です。と言ってもボディサイズや使用している木材の違いにより重量は変わってきます。例えば定番のMartinドレッドノートスタイルの「D-28」、「D-18」やGibsonの「J45」等なら「2kg以下」も見つけられる可能性はあると思います。軽い 1.8kg以下 軽め 1.9~2.0kg 重め 2.4kg以上。比較的重いモデル「D-45」や「J-180」等の場合は表記した重量に対して+100~200g位を足してお考え頂けると丁度良いのかなと個人的には思っています。

 

ボディなどを自分で調達する時の重量判断

 

この記事を読んでいる方の中には自分でボディやネックを調達してギターを組むという方もいるかもしれません(フェンダ―スタイルのボディやネックは日本でも結構流通していますしね)。

下記は僕がテレキャスターを製作時にボディの重量を計測した記事です。組み上げ時の大体の重量目安にはなるかと思います。またヤフオクなどでボディのみを購入する際などに重い個体を避ける為の参考数値として活用して頂ければ幸いです↓

加工済みテレキャスターボディ購入時の重量目安
加工済みボディの販売会社USACG、 Musikraft、ワーモスなどからボディを購入する時に重量は気になりますよね?何kgが軽くて、何kgが重いのか完成するまではいまいちイメージできない方の参考になれば幸いです。僕的にはもしボディの重量を選べるなら「テレキャスターの場合」は2kg以下を選びます。欲を言えば理想は1.8kg以下。(木材はアルダー、スワンプアッシュなどの場合です)マホガニーボディのテレキャスターの場合は2kg以下があればかなり優秀だと思います。

※ちなみにストラトを作る場合は僕の経験上ではテレキャスターボディの重量よりも200~300g位軽いボディを選んでおいた方が良いと思います。理由はトレモロユニットやパーツ数などの違いから組み上げ時にはボディが重くなる為です。例えばテレキャスターボディの理想重量が1.9kgと仮定した場合ストラトボディは1.6~1.7kg位が手に入れば理想でしょう。

 

あえて重いギターを選ぶとしたらその理由は?

 

この場合は演奏者の音の好みが低音重視だったり、音のアタック感が強めな方が好きっていう人が選ぶ傾向にあります。ハイゲインサウンドでミュートゴリゴリが好きな人は結構しっくりくるんではないでしょうか?

他にはSGやファイヤーバードなどのボディが薄いタイプを検討している人でヘッド落ちを少しでも軽減したい場合は重めの物を選ぶと良いかもしれません。

 

各木材の重量

 

ギターでよく使われる木材でもそれぞれ種類の違いによる重量差が結構あります。フェンダーなどがよく使っている「スワンプアッシュ」や「アルダー」は良質なものであれば重量は軽く、平均でも比較的重いものは少ないです。

ギブソンがよく使う「マホガニー」は良質であれば軽いものもありますが「スワンプアッシュ」や「アルダー」ほどは軽くなく、平均的な重量としては重いものが多いです。またレスポールのトップ材に使われる「メイプル」は木材のなかでは重い部類です。レスポールが他のギターと比べ重い要因は「マホガニー&メイプルボディ」にあったりします。(もちろん全体のボディ厚も関係してます)

他にもかなり重い木材でウォルナットやローズウッドをボディに使用したギターがあります。このタイプのギターはおおむね4kg以下の物に出会えれば重さ的にはまずまずといったところでしょう。(ストラトキャスター、テレキャスターなどの場合)

 

最後に

 

ショップサイトやオークションサイトなどでたまに「激軽!」とかいう表記を見ますが実際の数値を見ると全然そんな事はなく、普通の重量だったりする事があります。今まで気にしていなかった人もこれを機に上の表を参考にしてみてはいかがでしょうか。

ばんば