アコギ(000)自作の花道(18)ジョイント部のすり合わせとバインディングの溝加工

 

ネックとボディがピッタリはまるように調整します

 

こちらは前回までの状態。ネックはまだボディから飛び出している状態です↓

 

まずネック側のジョイント部サイドを当て板&紙やすりで少しずつ削っていきます(紙やすりは両面テープで貼っています)↓

当て板はジョイント部の角度に合うように整形しています。(画像の赤丸側の面)

 

加工後↓

加工時はボディとのセンターラインも気にしながらはまり具合を見る事も重要です。

センターはおおむね良さそうです。

 

奥行がピッタリになりましたので次はサイド部分を仕上げます。現状では所々に僅かな隙間があります↓

 

隙間をなくす方法は下記一択ではありませんが僕の場合はボディ側に紙やすりを貼りネックとボディをすり合わせるという形をとっています↓

※ただし画像には撮っていませんがピンポイントで削りたい部分などがある場合はノミを使用した方が良い事もあります(その方が早く仕上がる事がある)。

 

加工後↓

隙間は減りまずまずの仕上がりといったところでしょうか。またヒール部の長さも少し調整しときました。

 

ジョイント部の調整が終わったらバインディングの溝加工をします。使用するバインディングとパーフリングは下記になります↓

ちなみにパーフリングというのはバインディングよりも内側にある装飾の事です。(サウンドホール周りの装飾もパーフリングと呼びます。※ロゼッタは除く)

画像の上がパーフリング(木製の白、黒、白)、下がバインディング(べっ甲柄のセルロイド)になります。

表面から見るとこのような組み合わせになります↓

幅は各種1.5mmで合わせて3mmとなります。これに合わせてボディに溝を掘っていきます。

 

加工には専用の冶具を使用します↓

トリマーを固定している冶具の詳細は下記を参考にして下さい。

(18)アーチ、ラウンドバック用 バインディング加工冶具の製作(トリマー用)
この冶具を使用する事でボディ表面の高低差に沿うようにトリマーが上下に動き、均一な幅のバインディング溝を加工する事が出来ます。このタイプの冶具を用意するのが難しい方でも「ドレメルのルーター」をお持ちでしたら下記のガイドを使用する事でアーチトップやラウンドバックにバインディングの溝加工ができます。ただし加工時の直角を保つ方法は「手」で支える形になりますので慣れが必要かと思います。この冶具を使用して加工する事でカッタウェイ部のバインディングとマホガニー部の間にメイプルがちらりと露出する仕様のレスポールになります。

もう一つの冶具はボディを支える為の冶具です。これを使用すればテーパー形状になっているアコギのボディでも安定して支える事が出来ます。

冶具自体はスチュマックでも販売されています。

Parts for TrueChannel | stewmac.com
Parts for TrueChannel

スチュマックで購入すると高価なので僕は自作しました。材料はボディの型枠製作時に切り抜いた板などを使用しているので追加で調達したのは蝶ねじやワッシャー、コルク板ぐらいだと思います。なので製作費用は1,000円も掛かっていないかと。

ボディをセットするとこんな感じです↓

セット時はボディが作業台などに対して垂直になるように各部の高さを調整します。

 

セットしたらトリマーで溝を掘っていきます↓

まずはパーフリング用に浅い溝を掘ります。外周に対して3mm幅になるように加工。深さは2mmほどに設定しています。(深さはトップ板の厚みによって臨機応変に)

 

加工後↓

 

次に外周から1.5mm幅のバインディング用の溝を掘ります↓

この時に注意するのが深さです。深さは最低限トップ板とサイド板の組木部分がバインディングで隠れる深さにします。

僕の場合はトップ板から組み木部までが約6mmなので最低限6mmの深さにしないといけません。6mm以上ならOKという事になりますが深すぎると対応できるバインディングが限られてくるのでこれも注意です。(市販されているバインディングは大体深さ部が6mm~7mmが多いです)

 

加工後は画像の用にパーフリングの溝とバインディングの溝との2段形状になります↓

 

溝が掘れたら先にパーフリングの接着作業に入ります。パーフリング材をボディに合わせてある程度の形に曲げておきます↓

画像では熱したベンディングアイロンで曲げています。

 

使用するパーフリングは木製なので接着はタイトボンドで行います↓

筆などで手早く溝にボンドを塗っていきマスキングテープでしっかりと固定します。

次回はバインディングの接着を予定。

ばんば