府中家具で購入したウォルナットでテレキャスター用ネックを製作

 

現在製作しているテレキャスター用のネック材を注文しました。

 

フェンダー系のギターと言ったら普通はメイプルネックが定番ですが今回はあえてウォルナットを注文してみました。

たまに有名メーカーでもメイプルやマホガニーなどの定番木材の他に限定でローズウッドやウォルナットなどの木材を採用していますよね。

 

さて今回購入したお店は「府中家具」さんです↓

カット販売木材>ブラックウォルナットのカット販売
府中家具.comの木材カット販売。ブラックウォルナットをオーダーサイズで1枚からご用意できます。

 

こちらは基本的には家具を作る方がよく利用するショップです。

こちらのショップの便利なところは好きな寸法でカット売りをしてくれるところです。

あと「アイモク」さんなどの楽器用木材のショップでは売ってないような木材もあるので利用価値は結構あると思います。(今後アイモクさんがウォルナットを取り扱ってくれるとうれしいんですけどね)

木材の乾燥もなかなかしっかりとされているみたいですし、僕も実際に何度か利用してネックを製作していますが反りなどに関しては極端に反ることもなく普通です。

 

今回注文したウォルナットの価格と寸法が下記です↓

幅80mm 長さ680mm 厚み21mm

価格¥1,469(送料別)

(価格は寸法により変わってきます)

※価格は2017/5時点での価格です

 

注意点として楽器用木材を販売しているショップ並みの細かい対応をしてもらうのは難しそうです。

というのも何度か府中家具さんに注文した際に「楽器に使用するので節はないものをお願いします」と備考欄に記入し注文したのですが「自然の木材なのでそういったご要望は受けかねます」というご回答でした。

 

「当たり前ですね」

 

家具用として販売しているのですから。家具を趣味として作っている方ならわかると思いますが「節」も味です。あえて節ありを選ぶ人もいます。

 

「郷に入っては郷に従え」

 

今回のウォルナットも節は多少ありましたが許容範囲内です。ウォルナットはメイプルなどと比べ節がある事による嫌悪感が個人的には少ない木材だと思います。

ばんば