ギター木材の厚み加工に自動カンナ(プレーナー)、手押しカンナがあると便利

 

角材を削る!

 

木材の厚みを落とす方法として例えばサンダーで削ったり、手カンナで削ったりするなどの手段があるかと思いますがそれだとどうしても時間が掛かってしまったり、場合によっては厚みが均一ではなかったりと少々難が出てくる場合があります。

そんなときはこちら↓

 

自動カンナ(プレーナー)

 

僕が使用しているのは日立 P100LA

この機械では上の開口部分に木材を入れることにより任意の設定した厚みに削り出してくれます。このモデルは幅312mmまでの木材しか対応できないのでストラトやテレキャスターなどのボディには使えません。(ちなみにストラトの横幅は320mm前後)

僕はネックと指板の厚みを落とす時に自動カンナを使ってます。

※ストラト、テレキャスターのボディの厚みを自動カンナで削りたい場合は330mm幅の自動カンナを購入しましょう!

 

僕のようにネック、指板、幅の狭い木材にのみ使用する場合は下記のリョービやマキタの自動カンナが定番です。品質やアフターサポートも良いのでおすすめです。

 

※254mmまで

※幅304mmまで

メーカーは2流、3流になりますが330mm幅対応では下記あたりが候補になります。

※幅330mmまで

 

手押しカンナ

 

手押しカンナは自動カンナ同様に厚みを落とす機械です。

自動カンナが開口部分に木材を入れると内部のローラーで木材が移動し加工された状態で出口から出るのに対して、手押しカンナは最初から最後まで自分の手で木材を押さえながら移動させ削っていきます。全体を削るのはもちろん、特定の部分だけを削りたい場合などに手押しカンナを使います。(反りの修正など)

※手押しカンナは自動カンナより注意して使わないと大きなけがをする可能性があるので注意して作業をして下さい。

 

ちなみに僕が使ってる日立P100LAは自動カンナと手押しカンナが一体になってる機械です。本体の横に手押し部分が付いています↓

 

市販されている中でのおすすめはこちら↓

手押しカンナといったらこれでしょと言うくらい定番。

僕は一体型の日立P100LAを買う前は手押しカンナはRYOBI HL-6A、自動カンナはAP-10Nを使用していました。

自動カンナと手押しカンナの使い方がいまいちイメージできない方はこちらの動画を参考にしてみると良いでしょう。※動画の物は一体型タイプです。

日立工機 小型自動カンナ盤 P100LA2

 

電動カンナ(ハンディ)

 

木材のサイズや作業スペースの都合によっては手に持って加工していく電動カンナを使用する事もあります。

RYOBI L-120TB

 

お求めやすい価格帯だとこれなんかいいんじゃないでしょうか↓

購入する時は切削幅に注目してみてもいいかもしれません。

使いやすいのは82mmから92mmぐらいですが、一度で広範囲を削りたい場合は110mm以上を選んでみてはどうでしょうか。

ばんば