ギター製作に役立つ電動工具 ベルトディスクサンダー ネックの平面だしなど

 

手作業では日が暮れてしまう作業を電動工具で時間短縮!

 

通常ギターの工場などでは大型機械のエコノミーサンダーというものを使ってネックやボディの研磨などを行っているところが多いです。一般家庭の住宅ではとてもじゃないですがその大きさや、価格の高さゆえに導入するのには躊躇してしまう代物です。

エコノミーサンダーとは違いベルトディスクサンダーは家庭でも気軽に研磨作業ができる大きさ&価格です。今まで手作業で削っていた部分にベルトディスクサンダーを使えば仕上がりの向上と時間短縮につながる事もあると思います。

 

僕が使用しているのがリョービのBDS-1000です↓

ちなみにベルト部のワークレストは取り外して使用しています。ネックの研磨時などに邪魔な為です。

 

こちらの新しいモデルはBDS-1010になります↓

研磨力で選ぶならコレ!

 

ギター製作における用途例

 

・まずネック(フェンダータイプ)の場合ヘッド裏やヒール部分の平面&厚みだしの時に使用できます。その時は上面のベルト部分で加工します。ネック外周のちょっとした研磨にはディスク側で削っていきます。トラスロッドの埋め木の外周加工やナットの成形にも使用できます↓

 

・ボディは大きさや形状ゆえに使えるところが少ないですが、ボディサイドのカッタウェイやくびれているところ以外はディスク側である程度研磨ができます↓

使い方次第ではコンター部の荒化工などにも使用できますがそれなりの技術が必要なので心して取り掛かりましょう!

※いくら機械加工といっても正確な仕上がりではないので最終的な仕上げは手作業を推奨です。鉋などで削ったり、紙やすりをつけた当て板などを使用して仕上げていきましょう!

ばんば