ギター製作学校を卒業してもその先誰もがギターを作れるわけではない

 

ギター製作専門学校の卒業生はギターが作るのが得意?

 

たぶん第三者側からみれば「ギターを作れて当たり前」ぐらいに思ってる方が多いと思います。しかしすべてのジャンルの専門学校でも言える事ですが、専門学校を卒業しているからと言ってその人が専門性に長ける知識や、技術があるかは「結局その人次第」という事がほとんどです。

以前の記事でも言いましたがギター製作に重要なのは技術や知識はもちろん、製作に適している環境や、工具、機械などの設備がある程度必要になってきます。

卒業後ギターを製作する以外の仕事(楽器店、メーカーの営業など)に就いた人は上記のような製作に適した環境、設備がなければ、その先の人生でギター製作をする機会はかなり少ないと思います。

 

卒業後に製作環境や工具、機械設備を用意する努力ができるか、できないか?

 

上記の事ができるか、できないかでギター製作人生が大きく左右されると僕は思っています。

できると思った人は最終的に「ギター製作が得意な人」になれる可能性があると思います。

ちなみに僕の同期の半分以上が専門学校卒業後以降「ギターを製作していない」人ばかりです。

ギターを製作していない人を否定しているわけではありません。各々専門学校で習ったギター製作という過程を経て多くの分野で活躍しています。例えばリペアなどでは製作技術とはまた違った経験などが必要となりますので「ギター製作ができない=ギターリぺアが下手」という事にはなりづらく、「ギターリペアマン」という分野で輝く人も多くいます。

 

卒業後ギター製作をしていない人ほど決まってこう言う!

 

「製作環境さえあればいつでも作れるし」

 

これは僕自身が常に思っていたし、実際に楽器店勤務時に先輩や後輩に言っていました。過去に戻れるなら訂正したいくらいお恥ずかしい限りです。

のちに僕は自宅で徐々に製作環境を作ったり、工具や機械を揃え始めてギターを製作しようとしたのですが「あれっ、ギターってどうやって作るんだっけ」っていう初歩的な事からつまずきました。

徐々に思い出しながら作業を進めたり、自宅での製作に適した方法を探したりしながらなんとかギター製作をしました。

結果出来上がった物は「ギターのようなもの」というのがお似合いの低レベルなギターでした。別の言い方をすれば「とてもじゃないが売り物にはできないレベル」。

ギター製作をしている人やこれからしたい人なら分かると思いますが「あの有名ブランドのギターと同等もしくはそれ以上のレベルのギター」を製作したいと思うはずです。

それができなかったと分かった時に「自分は専門学校でなにをやっていたんだろう」と思ったわけですが、今は自宅でギターが製作できるようになってから数年経ちます。ある程度のレベルのギターは製作できていると個人的には思っています。

 

「継続は力なり」

 

最後に

僕は少し製作環境を整え始めるのが遅かったかもしれません。将来的にギター製作をし続けたい人はなるべく専門学校在学中もしくは卒業後早めに環境や、工具、機械を揃える事をおすすめします。

ばんば