アコギ(000)自作(8)トップ板の各ブレーシング接着、バック板のブレーシング成形

アコギ(000)自作

 

引き続き残りのトップ板ブレーシングの接着から

 

まずXブレーシング周囲を接着↓

※一日乾燥

 

次にブリッジ部の補強プレートとサウンドホール周りのブレーシングの接着ですがその前に各ブレーシングとの間にピッタリはまるように削って微調整します↓

 

加工が終わったら接着↓

これでトップ板のブレーシング接着は終わりです。

 

次はバック板のブレーシングを整形していきます↓

 

まずブレーシングの両端を豆反りガンナ、ノミ、丸棒(紙やすり)などを使用して曲線状に加工していきます↓

 

先端の厚みは約3mmにしています。この段階ではブレーシングがボディから少しはみ出た状態のままでOKです。

 

両端の加工が終わったら上面を丸めていきます↓

ブレーシングに中心線を引き、そこを頂点としミニカンナ(ホビーカンナ)やノミを使用して加工します。最後は紙やすりなどで仕上げます。

 

加工後↓

次回はトップ板のブレーシングを整形していきます。

ばんば

サウンドハウス 
サウンドハウス 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ギターの花道