テレキャスターのサドルを交換してみた Callaham 3 Vintage Compensated Tele Saddles

ギターリペア&メンテナンス

 

シーズン1のテレキャスターのサドルをブラスサドル(オクターブ補正有)に交換

 

今回交換したサドルはカラハム製のスラントをさせずにオクターブ補正をしてくれるテレキャスター用サドルです。

商品名は「Callaham 3 Vintage Compensated Tele Saddles」という物ですが残念ながら日本では流通量は多くありません。ちなみに今でこそスラント無しでオクターブ補正が可能なタイプはいくつかのメーカーから¥2,000~3,000前後で販売されていますがカラハムは比較的早くから販売していたと思います。

 

サドル交換

 

コチラは交換前です↓

よくあるスチール製のサドルが使用されています。

 

コチラが交換後↓

交換前と比べオクターブが合うようになりました。特にハイフレットでコードをならした時の気持ち悪さが軽減しています。

音に関しては交換前は高音域のヌケの良さはありましたが逆に中域が少し物足りませんでした。交換後は高域を犠牲にすることなく中域が加わった感じがします。

 

雰囲気的にも個人的にはブラスサドルの方がしっくり来ているような気がしますね↓

 

手頃な価格でオクターブを補正したい場合はコチラがおすすめ↓(シーズン2のテレキャスターにはこれを使用しています)

サウンドハウスの価格はコチラ

 

カラハムと比べた場合こちらの方がスチールサドルに近いサウンドに感じます。高音域をメインにほんの少し中域が足されているかなといった印象です。オクターブ補正効果はカラハムと変わらずちゃんとあります。

ばんば

サウンドハウス 
サウンドハウス 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ギターの花道