陥没したポジションマークを一度引き抜き入れ直す 素材は再利用

 

まずは陥没してしまったポジションマークを引き抜いていきます

 

今回ポジションマークは交換せずに再利用していきます。

ポジションマークは約1㎜指板に陥没している為引き抜こうにも掴む場所がないです。なので画像の用に陥没したポジションマークの上に別のポジションマークを接着します。(接着するのは掴めて後で外せるものであれば何でもいいです)

 

接着が完了したらペンチで掴み上に引き上げていきます↓

 

無事引き抜けました↓

通常はポジションマークの厚みが2㎜なので指板側の穴の深さも約2㎜で開けるのですがこのギターの場合は3㎜も深さがありました。そりゃ陥没するわけです….。しかもこのギターは薄めのラウンド指板の為たかが3㎜の深さでも穴の中心がメイプル層に届いてしまっています。

 

続いて引き抜いたポジションマークをバラしていきます。

バラし方は人それぞれですが今回はすぐバラしたいのでハンダゴテで熱を加えて接着を剥がしました。※熱を加える白いポジションマークは変形する為廃棄。

 

分離させた後↓

このパーロイドはこっち側が本来「表」として指板に接着されてました。

 

こちらは「裏」だったほうです↓

個人的にこちらの方が落ち着いた柄で好みですので今回はこっちを表として接着します。

 

接着完了↓

少量のアロンを付け面一になる様に叩きいれました。

以上で作業完了です。

正直新しい物に交換した方が作業は簡単ですが同サイズ(インチ)のパーロイドマークが無かった為今回は再利用という形をとりました。オリジナルの状態にこだわる方は再利用をおすすめします。

ばんば