ストラトキャスター自作の花道開始(1)ボディの外周加工&ザグリ

 

本日よりストラトの自作を開始します

 

まずは以前の記事で製作したストラト用のテンプレート(型)を使用してボディの外周を加工していきます。今回使用するボディ材はアルダーです。

 

加工する前にボディの形を罫書いて全体の感じを確認しておきます↓

 

確認を終えたらテンプレートを両面テープなどでボディ材に貼り付けバンドソーで切っていきます↓

※テンプレートを貼って加工しているのは罫書いた線が見づらく加工途中に線を見失う場合があるからです。

 

バンドソーで切った後はルータテーブルにルーターを取り付けテンプレートに合わせてトリミングしていきます↓

※この時に削る部分が多すぎると木肌が荒れたり、刃飛びが起きたりしてボディが破損する場合がありますのであらかじめサンダーや鉋などでギリギリまで削っておきましょう。

 

外周のトリミングが終わったら次に各部のザグリ加工をしていきますがその前にザグリの下処理としてフォスナービットである程度穴あけをしておきます↓

 

穴あけが終わったらテンプレートに沿ってトリマーで加工していきます↓

この時の深さはピックアップ部が20mm、コントロール部とジャック部が35mm、トレモロ部は貫通させます。

 

ザグリ完了↓

 

表のザグリが終わったら裏のスプリングキャビティの加工をします↓

 

スプリングキャビティの加工完了↓

本日はここまで

次回はネックポケットの加工から始めます。

ばんば