指板の保湿と汚れ落としにおすすめのオイルワックス

 

今回は指板のメンテナンスについてのご紹介です。

 

 

まずメンテナンスのおおまかな方法と目的はタイトルにあります通りオイルなどを使用した指板の保湿と汚れ落としが主となるかと思います。

例外↓

塗装された指板(メイプル)には保湿は必要ありませんので、ポリッシュなどを使って手垢などの汚れのみ拭き取るようにしましょう。また艶消し塗装仕様の指板は基本はなにもつけず乾拭きのみ。汚れがひどい場合は濡らした布をかたく絞って汚れを拭き取って下さい。拭きすぎると艶がでてしまいますのでご注意下さい。

 

おすすめのオイルは?

 

おすすめはHOWARDのFeed-N-Waxです↓

 

商品名にもある通りコチラはワックスです。

天然成分のワックスやオレンジオイルがブレンドされており粘度があって使いやすいです。

サウンドハウスの価格はコチラ

 

指板のメンテナンスってレモンオイルやオレンジオイルを使う事が一般的じゃないの?

 

上記のように思っている人って結構いるかと思います。

楽器店にいって店員さんに進められるのは高確率で上記のオイルを勧められるかと思います。別に問題はないですが、楽器店で1日に何本も指板にオイルを塗ってきた人間としてはレモンオイルやオレンジオイルは粘度が低く、サラサラというかシャバシャバしたものが多くて少し使いづらいです。

粘度が低いという事は奥までよく染み込みやすい傾向にあります。

 

指板の奥まで染み込んだ方がいいのでは?塗りすぎに注意です!

 

個人的見解では「NO」です。指板の奥まで染み込むとなんだか音がぼやけた感じになるような気がします。またフレットの溝にオイルが入り染み込みすぎてしまうと指板が膨張しフレットが浮くトラブルが起きる場合もあります。

大手メーカーや一部楽器店の中には上記のようなトラブルを避けるために塗りすぎないよう警鐘をならしてくれているところもあります。

もしお気に入りのオイルが粘度が低いタイプなら塗りすぎに注意して、表面が軽く濡れる程度の量を塗布しましょう!

 

ここポイント!

僕が紹介したワックスは粘度があるので無駄に染み込みすぎず、指板の表面上に最低限必要な油分を与えてくれるのでトラブルなど起きづらくとても使いやすいです。

また個人的に指板の艶も低粘度のレモンオイルやオレンジオイルを使うと「艶」というより「ただ湿った」感じで少し安っぽくなりがちですが、紹介したワックスは使用すると上品な艶のある仕上がりになります。

 

指板のメンテナンスの頻度は?

 

一概には言い切れませんが上記の塗りすぎず表面が軽く濡れる程度を守ったとして、暖かい時期は2ヶ月ぐらいに一度位、寒くなって乾燥してきた時期には1ヶ月ぐらいの頻度でよいと思います。

ばんば