テレキャスターのピックアップを交換して異常なノイズが出た時の対処

 

まずはリアピックアップのベースプレート、フロントピックアップカバーの有無を確認

 

下の画像をご覧下さい。

左側のピックアップはよくあるベースプレートが付いているリアピックアップとカバーが付いてるフロントピックアップです。右側のリアピックアップはベースプレートが付いていないタイプです。(赤丸部は後で説明)

※一番最初に覚えておいてほしいのは「テレキャスターのリアピックアップのベースプレートは弦アースの役割を担っている」という事。

 

よくテレキャスターのピックアップ交換で起こるトラブルの一例をご紹介します。

・ピックアップを交換したら弦やピックアップに触れると「ジー」とノイズがでるようになってしまった。
・位相の違いによりミックス時の音がペケペケな細いサウンドになってしまった。

 

上記の様な症状が出た場合の対処方法がコチラ↓

 

上の画像の赤丸部分と下の画像の赤丸部分をご覧下さい。

上の画像ではベースプレートとコールド(-)が一緒に配線されています。フロントピックアップのカバーも同様になっています。

この状態だとコールド(-)はアース専用になってしまい入力信号に繋ぐことはできません。

※正確には繋ぐ事はできるがノイズなどのトラブル有。

 

下の画像では繋がっていた線を切り離しベースプレート用のアース線、ピックアップカバー用のアース線をつけ足しています。こうする事によってコイルに繋がっているホット(+)とコールド(-)に対して完全に独立した配線ができるようになります。

 

独立させる事でどうなるの?と思う方もいるかと思います。

 

簡単に説明すると独立させておけばピックアップの位相違いによりミックス時にペケペケな細い音になってしまうトラブルを「スイッチやPOTに繋げている配線(白、黒、または黄色)の入れ替え」で解消できるようになります。

ノイズが増えてしまうトラブルも「独立させた配線をアースに繋ぐ事」で解消となります。(独立させたベースプレート、ピッアップカバーの線はアース専用です。POTの裏などに配線して下さい)

ここで「別に独立配線なんて面倒な事をしないで普通にそのまま配線(白、黒、または黄色)を入れ替えればいいじゃん」と思った方。←ダメです

例えばそのまま配線を入れ替えるだけだとベースプレート、ピックアップカバーが入力信号に繋がる事になる場合があります。そうすると最初の方に説明した「弦やピックアップに触れた時にノイズが増える」や「ミックス時の細いサウンド」になってしまうわけです。

 

「ベースプレート、ピッアップカバーが入力信号に繋がって音を拾いギターサウンドを奏でますか?」

そんなわけありませんよね!入力信号に本来繋ぐのはピックアップに巻かれたコイルです。

ちなみに独立させるのはフロント、リアピックアップのどちらかだけでも大丈夫です。片方がホット(+)、コールド(-)の入れ替えが自由になっていればトラブルに対応できます。

 

ベースプレートがついていないピックアップの場合は?

 

ベースプレートが付いていないピックアップに後から交換する時は必ず弦アース用の線をブリッジの下に挟むこと。これは絶対に忘れないで下さい。

冒頭で説明しましたがテレキャスターのリアピックアップのベースプレートは弦アースの役割を担っています。逆にベースプレートがないタイプは弦アースを個別に足さないといけなくなるという事です。

※一部メーカーのテレキャスターにはベースプレートが付いているピックアップを搭載していてもさらに個別に弦アース線をブリッジ下に取り付けているモデルがあります。(トラブル回避の配慮だと思います。)

※ベースプレートがついていないピックアップの場合はホット(+)、コールド(-)の入れ替えは自由にできます。ミックス時に細いサウンドになってしまった場合はすぐに線を入れ替えれば解消できます。

 

弦アース線を配置したらうまくブリッジで挟んであげるように固定します。この時に使用する配線材は細く薄い物を推奨します(画像のように線を広げ気味で配置)。太すぎるとブリッジが盛り上がって平らに取りつかなくなるので注意。

以上、お試しあれ。

ばんば