導電塗料を塗ってノイズを減らそう!

ギターリペア&メンテナンス

 

導電塗料を塗ってみよう

 

さてギターをやってる方で「ノイズ」を嫌がる人は結構いるかと思います。その一方で「ノイズも音楽」という言葉がある事は僕も理解しているつもりです。

今回は少しでもノイズを減らしたいという方におすすめの「導電塗料」を塗る方法についてご紹介致します。

導電塗料を塗る事によって減らせるノイズの種類は下記記事を参考にしてみて下さい。減らせるノイズが分かった上での作業が重要になってきます↓

導電塗料で減らせるノイズの種類を知ろう!
導電塗料の効果についていろいろなギター関係のサイトなどで語られているのでよく効果の内容などを目にして情報を得ている方もたくさんいると思います。早速減るノイズに関してですが簡単に説明すると外部からの影響をうけて発生するノイズです。導電処理のデメリットとしてノイズの減退効果と共にサウンドの高域部分も多少減退してしまいます。

 

まず用意してほしいのが下の画像の物です。

 

画像右 導電塗料
画像左 アースラグ(ネジ含む)

※別途導電塗料を塗るハケ(筆)をご用意下さい。

 

他のメーカーでよく使われている導電塗料はコチラ↓

サウンドハウスで導電塗料を探す

※導電塗料にはラッカー塗装向けとポリ塗装向けがあるので自分の楽器の塗装にあった物を選びましょう。分からない場合は「水性の導電塗料」を選んでおけば問題ないです。

 

準備ができたらコントロールキャビティ内に導電塗料をきれいに塗り込んでいきます。下記画像は塗る前↓

※導電塗料を塗る所以外はマスキングテープで保護しておきます。画像ではSonic製の水性導電塗料を使用しています(ギター自体はオールラッカー仕様)。

 

導電塗料を塗った後↓

ハケで2回程塗っています。

 

 

塗った後の導電処理を完璧にするには?

 

ボディの表側にキャビティ(ザグリ)があるギターの場合

まず上記画像の用に導電塗料を塗った面に対して「アースラグ」という金属のパーツをねじ止めします。ねじ止めをしたらそのアースラグの端子に配線材をハンダ付けしギター側のアースへ接続します。これで導電塗料を塗った面(ザグリ内)はシールド効果を発揮する事になります(ノイズが減る)。

※アースラグの取り付け位置は他のパーツの邪魔にならない場所でなおかつドライバーでアースラグのネジをしっかり回せる任意の位置。

サウンドハウスでアースラグを探す

 

上記は電気系統のパーツがピックガードマウントになっているストラトタイプでの説明になります。これとは別にボディの裏側にキャビティがあるタイプのギター(ギブソン、etc)の場合は導電塗料を塗った面に直接電気系統のパーツ(POTやスイッチ)を取り付ける事になりますよね。

下記画像はギブソンのSGです。このギターは出荷時から導電塗料が塗られています(少し雑な塗り方ではあるがノイズ処理の効果は得られています)。

「ですがアースラグは取り付けられていません。」

上記のギターの場合はアースラグを使用していませんがアースと導電塗料を塗った面は「一応」繋がっています。

なぜなら各電気系統のパーツの金属部と導電塗料を塗った面がパーツ取り付け時に配線なしでも物理的にアースと繋がっているからです。なので上記ギブソン出荷時の様にアースラグを使用せずに作業を終わってもよいですが処理としては完璧ではありません。

アースラグがなくてもノイズ処理の効果はでますが、導電塗料に接触している電気系統のパーツ取り付け部が緩んだりぐらついてきた場合にはアースへの接続が不安定になり同時にノイズ処理も不完全になります。なので上記タイプでもアースラグは「保険」として使っておく事をオススメします(完璧にしたいのであれば)。

 

導電塗料面がアースに繋がっていない場合はノイズが逆に増大します

 

導電塗料を自分で塗った方でよくある失敗が「逆にノイズがめちゃくちゃ増えた」というパターンです。

これは単純に導電塗料を塗った面がアースと繋がっていないからです(アースとの繋がりは上記で説明してきたとおりです。)

導電塗料面はノイズを集めます。それをアースに繋げる事で「ノイズを捨てる」事になります。逆を言えばアースに繋がっていない場合は「集めたノイズを出力する」という事です。そうなれば当然導電塗料を塗る前よりもノイズは増えます。

導電塗料は正しい用法で。

ばんば

サウンドハウス 
サウンドハウス 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ギターの花道