導電塗料を塗ってノイズを減らそう!

 

導電塗料を塗ってみよう!

 

さてギターをやってる方で「ノイズ」を嫌がる人は結構いるかと思います。もちろん「ノイズも音楽」という言葉がある事は僕も当然理解しているつもりです。

今回は少しでもノイズを減らしたいという方におすすめの「導電塗料」を塗る方法についてご紹介致します。

導電塗料を塗る事によって減らせるノイズの種類は下記記事を参考にしてみて下さい。減らせるノイズが分かった上での作業が重要になってきます↓

導電塗料で減らせるノイズの種類を知ろう!
導電塗料の効果についていろいろなギター関係のサイトなどで語られているのでよく効果の内容などを目にして情報を得ている方もたくさんいると思います。早速減るノイズに関してですが簡単に説明すると外部からの影響をうけて発生するノイズです。導電処理のデメリットとしてノイズの減退効果と共にサウンドの高域部分も多少減退してしまいます。

 

まず用意してほしいのが下の画像の物です。

 

画像右 導電塗料(画像はギターワークスさんの水性塗料です。ラッカーにも塗れます)
画像左 アースラグ(ネジは適当に合うものをご用意下さい)

※別途導電塗料を塗るハケ(筆)をご用意下さい。

 

他のメーカーでよく使われている導電塗料はコチラ↓

サウンドハウスで導電塗料を探す

※導電塗料にはラッカー塗装向けとポリ塗装向けがあるので自分の楽器の塗装にあった物を選びましょう。分からない場合は「水性の導電塗料」を選んでおけば問題ないです。

 

準備ができたらコントロールキャビティ内に導電塗料をきれいに塗り込んでいきます。(画像のギターで2回位塗っています)

※コントロールキャビティに貼ってある銅箔テープはコントロールパネルと導通させる為の物です。

 

塗った後に導電処理を完璧にするには?

 

上記画像のギターのようにボディバックにキャビィティがありPOT(ポット)を導電塗料を塗った面に取り付けるタイプのギターはPOTを介して導電塗料部分がアースに落ちるので作業を終わってもよいですが処理としては完璧ではありません。

完璧にするにはアースラグというパーツを使います。これを上記画像の赤丸のようにネジで導電塗料を塗った面に取り付けます。

取り付けたらアースラグとPOT裏を配線して導電塗料を塗ったキャビティをアースに落とします。ここまでが完璧な処理になります。アースラグの取り付け位置は他のパーツの邪魔にならない場所で、なおかつドライバーでアースラグのネジをしっかり回せる任意の位置でお願いします。

※上記のアースラグがなくてもノイズ処理の効果は同等にでますが、導電塗料に接触しているPOTがゆるんでぐらついてきた場合にノイズ処理が不安定になりますのでアースラグを使っています。(これが万が一の時、保険になってくれるのでぜひアースラグを使うことをオススメします)

 

一例としてギブソンSG(オリジナルの状態)のキャビティ内をご覧下さい。

見てわかる通りアースラグは使用されていません。ただ上記説明にもあるようにPOTなどが導電塗料を塗った面に取り付けてあるのでちゃんとノイズ処理の効果は出ています。これも完璧にしたい場合はアースラグを追加する事をオススメします。

また導電塗料がキャビティ内の隅々まで均一に塗られていないので効果は通常より少ないように感じます。これも完璧にする場合はきれいに塗り足しましょう。

 

電気系統がピックガードやプレートマウントのタイプには注意!

 

このタイプの代表的な例としてストラトやテレキャスターなどがありますよね。

ストラトなどは電気系統がピックガードに取り付けてあるので導電塗料を塗ったとしてもそれだけではまだ電気的に繋がっていません(アースが取れていないという事です)。

せっかく塗った導電塗料面にアースが取れていないという事は「ノイズ処理効果がない」という事です。アースが取れていないと集めたノイズを出力と一緒にそのまま放出する事になりますのでかなりのノイズが出てしまい全くの逆効果になってしまいます。(自分でやってる人でこの失敗をしてる人が結構多いです)

必ず上記のタイプには「アースラグを使用しないといけない」と覚えていた方が良いでしょう。

ばんば