ギター製作に役立つトリマービット各種と面取り30°のビット購入先

 

まずはストレートビット

 

左から刃の径が6mm、5mm、3mmです。

用途としては6mmと5mmはネックにトラスロッドの溝を掘る時などに使います。ちなみに僕がよく使用しているトラスロッドの径は5mmです。トラスロッドと同じ径のビットで加工する事が重要になってきます。

3mmは主にフェンダー系ネックのナット溝を掘る時に使用しています。

僕が使用しているビットは6mmがトリマー本体に付属していた物(ボッシュ製)。5mmと3mmは「SK11」の物を使用しています。

SK11のトリマービットは価格が安くて品質は可もなく不可もなくといったところです。ビットは基本「消耗品」なので切れ味が悪いと思ったら新しい物に交換する事を推奨します。

 

ベアリング(コロ)付きストレートビット

 

左からフラッシュトリムビット、トップベアリングビット、トップベアリングビット(浅堀り用)です。メーカーは「STAX TOOLS」です。※現在販売されている物は色やその他仕様が一部違います。

用途はバンドソーなどで切り出したボディ、ネックを型に合わせてトリミングする時やピックアップのザグリ加工などに使用します。サイズは左と中央が刃径10mm刃長25mm(ベアリングの位置が違うだけ)と一番右が刃径12mm刃長5mmとなっています。

ギターを製作するうえでこの3種のビットは揃えておく事をおすすめします。自宅などの小規模環境でトリマーを多用する人には特にあると便利なビットです。

ちなみに刃長が5mmのトップベアリングビットは他のメーカーだとほとんど売られていませんのでかなりおすすめです↓

おすすめする具体的な理由としてはギター製作を行っている方で海外の冶具(テンプレート)を使用している、もしくは将来的に購入する事があるかと思います。海外で販売されている冶具は薄い物が多いので刃長が長いビットだと一度に深く掘り下げないと冶具の形状をなぞりながら加工ができません。当然いきなり深く掘り下げての加工は木材への負担や跳ね返り(キックバック)が起こり非常に危険となります。そこで上記の刃長が5mmという短いビットを使用すれば一度に掘る深さを浅くでき木材への負担軽減と安全性を兼ねた加工ができるわけです。

また自分で冶具を自作する時なども刃長が短いビットをもっていれば安価な薄いMDF板(5.5mm厚)などが素材として使用でき経済的となります。もちろん5mm以上であればアクリル板も使用できます。

 

初めてベアリング付きストレートビットを買う人は使い方のイメージが少し湧きづらいかと思います。そんな方は下記のオフコーポレーションさんの動画が参考になるかと思います↓

見て分かるルーター・トリマー テンプレートビット編

オフコーポレーションさんでもトリマー用ビットの品ぞろえは良いのでご覧になってみて下さい。

 

丸面ビット(ボーズ面ビット)

 

こちらはギターボディのサイドを丸める(R加工)時によく使います。

サイズは左から12.7R、9.5R、6.3R、3.2Rです。

各ギターのボディエッジ(角)部分のRは代表的な例としてテレキャスターは約3R、レスポールのボディバックは約6R(物によっては4R)、ジャズマスターは約9R、ストラトキャスターは約12Rとなっています。

使用しているビットのメーカーはRELIFEです。こちらも品質はSK11ぐらい、というかほぼ一緒です。

 

面取りビット

 

こちらのビットは主にピックガード外周を斜めにカットするのに使います。

左がSK11で角度が45°、右がARDENで30°です。

現代ではよく使われるのが45°の物なのでこちらだけ用意すれば不便はないですがヴィンテージのピックガードなどでたまに見られる鋭い角度で仕上げるのであれば右のビットが必要となります。

ARDENの30°の面取りビットは日本ではあまり手に入らないので「ebay」などから個人輸入する必要があります。

ebayで検索する場合は「ARDEN 30 Degree」でお探し下さい。

※ARDENは軸がインチサイズなのでインチ用(1/4)の「コレットチャック」をトリマー本体につける必要があります。

 

ちなみに現在僕が使用しているトリマービットの全てです↓

画像には上記で紹介していないビットもあります。ギター製作をしていく中でその都度必要なビットを買い足していくとこれぐらいにはなるかと思います。まだまだ欲しいビットはたくさんありいろいろ模索中。みなさんも自分の用途に合ったビットを探してみるのを楽しんでみてはいかがでしょうか。

他のトリマー関係の記事はコチラ↓

ギター製作に役立つトリマー&ルーター ボディ、ネックの加工に最適 
こちらはBOSCHのPMR500でトリマーのベストセラー商品です。これはもう10年近くばんばは使用しておりギターの自作には欠かせない工具となっています。おすすめポイントはとにかく使いやすいのと十分なパワーです。深さ調整は後部のダイヤルを回すことにより微調整できるようになっています。リョービのTRE-60Vは以前工具の展示会で試した事があるのですが、良かった点はまず回転が安定しており木材にあわせた回転速度の調整ができる事、PMR500同様に切込み深さの微調整が簡単である事など。

ばんば