ジャズマスターが入るおすすめギグバッグ 「1万円以下」

製品情報

 

ジャズマスターのギグバッグ選びって迷いますよね?

 

もちろん価格などを気にしなければいくらでも良い物はありますが、一万円以下となるとなかなか寸法とかケース自体の作りとかに制限がでてきます。

 

実際に僕が使用してみて良かったジャズマスターが入るギグバッグが下記の2点になります↓

Ibanez IGB924

予算がある程度ある方はIbanez「IGB924」をおすすめします。

こちらはパッド厚が25mmで、各収納ポケットもしっかりとした作りになっています。それに加え防水性も高いので突然の雨の日などにも安心して使用できます。

ジャズマスターを入れた場合若干の窮屈さ(ピッタリ感)はあるもののジッパーが閉まりきらない程ではありません。もちろんストラトやテレキャスターなども入るので移動用汎用ケースとしても良いと思います。

 

ちなみにこちらのケースは「Ibanez」のロゴは外側にはなく、大きいポケットの内側にロゴがあります。なので「Ibanez」以外のメーカーのギターも気兼ねなく収納できるように配慮されており、単なるブランド名を重視しただけの外観のケースとは一線を画しています。

ポケット内部のロゴ↓

 

追記

残念ながらIGB924は生産終了となりました。代わりに内部のクッション追加とケース内でのギターホールド力をUPした新しいモデルとして「IGB924R」が発売されています。

価格は上がりましたがそれでも品質を考えたらまだまだ選択肢に入れておいても良いのではないでしょうか。

サウンドハウスの価格はコチラ

 

 

もうひとつはこちら↓

ARIA GBN-EG

 

なるべく予算を抑えたい方にはこちらがおすすめです。

低価格ながら内部のパッド厚は20mmありますのでギター購入時に付属してくるような薄いソフトケースとは違って安心して使用できると思います。ただしIbanezのIGB924と比べるとケース自体の頑丈さや、利便性はどうしても見劣りしますがコストパフォーマンスにおいてはとても魅力的なケースと言えます。

追記

こちらのケースも生産終了となっています。

近い価格帯の物だとPLAYTECH ( プレイテック ) のEG-Bagあたりが選択肢のひとつになるのでは↓

サウンドハウスの価格はコチラ

ばんば

サウンドハウス 
サウンドハウス 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ギターの花道