テレキャスター用アルミ製ノブ ブラス製との重量差を確認 MONTREUX PARTS 9202 TL 62 Barrel Knob ver.2

 

重量はブラス製ノブの半分!

 

いま製作しているテレキャスター用にアルミ製のノブを購入してみました。

サウンドハウスの価格はコチラ

 

こちらは60年代スタイルのバレル・ノブ(インチ)です。

こちらの重量を計測したところ1個あたり約10~15gぐらいでした。他メーカーのブラス製のバレルノブを計測すると約20~25gでした。

その差約10g程です。2個装着で20gの差がでることになります。これを少ない誤差だと思う方も多いと思いますが、ギターを自作などする際は一つ一つのパーツや、木材などの重量がとても重要になってきます。

仮に木材の加工で20g減らそうとするとしたらボディに浅めのエルボーカット位の加工をしないと減りません。そう考えると「20g」というのは見過ごせない数値となってくるはずです。

今回このノブを注文したのは現在自作しているテレキャスターで使用する予定のブリッジが通常の物より厚みがあり重量が少し重めだからです。つまりノブを軽量にして引き算をしているわけです。

数値だけではなく実際に持ち比べた感じもだいぶ軽く感じますよこのアルミノブ。

ばんば