ムスタング自作の花道(5)指板のR加工、フレット打ちなど

 

接着した指板のサイド部を削る

 

こちらが指板接着が完了したネックです↓

 

接着した指板は少し大きめのサイズにしていますので外周をメイプルネック側と同じ寸法に仕上げます↓

荒加工は豆平鉋、もしくは鉄やすりなどを併用します。

 

最終的にはテーブルにセットしたトリマーでトリミング↓

※鉋などの手加工のみですぐに終わるようであれば無理にトリマーを使う必要はなし。

 

最終的に紙やすりを付けた当て板などで仕上げます↓

直線の確認を忘れずに↓

 

次に指板のR加工を行います↓

今回は7.25インチR(184mm)の指板にしていきます。紙やすりは150番を使用しています。

こちらもサイド同様に直線を確認しながら削っていきます↓

 

加工後↓

Rゲージで確認してしっかりとカーブが整っていればOK。

 

指板Rが終わったらポジションマークを埋める為の穴をあけます(トップ&サイド)↓

 

穴あけ後ポジションマークを接着しました↓

ここでは接着したポジションマークの出っ張りを整えると共に指板面を紙やすりの600番まで磨いています。(240番、320番、600番と段階的に)

 

ポジションマークを接着後はフレットをプレスしていきます↓

今回のフレットは三晃の214を使用。

 

フレット打ち完了↓

本日はここまで

ばんば