ボディの研磨におすすめのランダムサンダー、バフ掛けグラインダー、コンパウンド

 

僕がギターの研磨に使用している電動工具を紹介致します。

 

ボディの木地調整&塗面の粗削り専用機として↓

メーカー的にはとても一流メーカーとは言い難いですがこのランダムサンダーはそこそこ使えます。大げさに言えば「安かろう良かろう」です。

よっぽど乱暴に使ったり、運が悪くない限りすぐに壊れる心配もないです。かれこれ僕は5年以上使い込んでいます。

ボディの木地を磨くときはまず紙やすりの150、240、320番ぐらいまで段階的にこのランダムサンダーで磨きます。(シースルー系は500、600番まで推奨)

塗面の仕上げ研磨1000番~(水研)は地道に手作業で行って下さい(ラッカー塗装は特にです)。

 

僕の場合ランダムサンダー用のペーパーはモノタロウブランドを使っています。5枚セットで格安なので気兼ねなくガンガン使っていけます↓

https://ihc.monotaro.com/p/1840156/

※モノタロウは事業者向けと、一般消費者向けサイトがあるので間違えないように。

 

ランダムサンダーと似た用途のオービタルサンダーという工具もあります↓

こちらは「仕上げの研磨」には良いですが、ボディの木地磨きにはランダムサンダーと比べ研磨力が弱く時間が掛かりすぎますのであまりおすすめはしません。

 

平面の傷取り、艶出しにおすすめ

 

僕はこちらを艶出し専用のポリッシャーとして使用しています。

こちらは回転速度が「1~6」まで設定できるので塗面の艶や傷の取れ具合を見ながら速度をコントロールして使っています。僕の場合コンパウンドをボディ全体に伸ばす時の速度は「1」、コンパウンドが全体に伸びたら「3~4」の速度で研磨しています。

※力の入れすぎに注意です。同じ箇所を力を入れて何度も研磨すると塗料が熱で軟化し剥げてしまう場合があります。

 

バフは125mm毛バフパッドを使用しています↓

 

ボディサイド、ネックの艶出しにはコレ!

 

先ほどのポリッシャーでは平面しか基本的に磨けません。

ボディサイドや曲面にはこちらを使用しています↓

KERV 6インチ・スロースピードグラインダー

本来は刃物などを研ぐグラインダーですがこちらは回転速度が一般的な卓上グラインダーよりも遅い仕様となっているのでバフ掛けマシンとして使用できます。

上の画像のバフを装着している金属の棒(バフマンドレル)は別売りなのですが残念ながら生産が終了しています。上の画像のように本体とバフとの距離を取りたい人は代用になるものをどこからか調達する必要がありますので各自で探してみて下さい。

※一般的な卓上グラインダーをバフ掛けマシンとして使用するのはやめた方がいいです。なぜなら回転数が速すぎる為に塗装がすぐ剥げる、もしくは回転の速さでボディが吹っ飛ばされる可能性があるからです。(僕は実際に経験しました)

 

布バフはこちらから買いました↓

http://www.stewmac.com/Luthier_Tools/Tools_by_Job/Tools_for_Finishing/Buffing/StewMac_Buffing_Wheels.html

日本だとなかなか上記のような大きいサイズのバフがないのが残念ですね。

 

おすすめコンパウンド

 

1000番程度の傷消しに

2000番程度の傷消しに

仕上げ研磨に

各コンパウンドは上から順に使用して下さい。

 

塗装関係の他の記事はこちらをご覧下さい↓

ギターの塗装に挑戦する方へおすすめのスプレーガンや塗料
ギターの塗装を一般の人(アマチュア)が売られているギターと同等のクオリティーに仕上げることは至難の業です。(専門学校を卒業したばんばでも自宅でうまく塗装するのはなかなか大変です) 軽い気持ちで缶スプレーで塗装しようものならあとで「やらなきゃよかった」という経験をする確率が非常に高いです
ギター塗装時における吹き付け回数の目安(ラッカーの場合)
前回は塗装に挑戦する方向けの機材などをご紹介致しました。今回は塗料の吹き付け回数です。(スプレーガンを使用した場合の回数になります)下記の工程はギター塗装の基本となりますので省く事のないようお願い致します。一部工程を省いて流行りの極薄塗装にするのも良いと思いますが何事も基本は大事です。しっかり基本を身につけた後でチャレンジしてみて下さい。

ばんば