ハンドメイドギター?コンポーネントギター?自作ギター?の定義(主観)

 

みなさんのハンドメイドギターの定義とはなんでしょうか?

 

メーカーによってはハンドメイドをうたい文句に商品を売り出しているとこもたくさんあるかと思います。一般の人でも自作でギターを作ったりする人はたまにいますよね。

 

個人的主観によるハンドメイドギターの定義

「角材の木からボディ&ネックの切り出しをして最終的な完成形状まで仕上げている」。切り出しは手ノコやバンドソー、ピンルーターによる機械加工などで完全コンピューター制御によるNCルーターは気持ち的に×。ざっくりとしたイメージでいうとこんな感じです。別にハンドメイドだからといって手道具のみでやって作るのは大変なので、製作する人の力量が絡む機械を使っての加工はハンドメイドの許容範囲だと思います。(たとえばボディを削るルーターやボール盤など)

 

それではメーカーのいうハンドメイドギターはどうでしょう?

おそらくおおむね上記の内容の事を自社内ですべて行っているものについてはハンドメイドギターという定義でも別に構わないと思います。

逆にボディ、ネックを自社製造ではなく別会社に外注し、それを使って製作する方法をとっているものに関してはハンドメイドギターという定義に当てはめるのは個人的には気持ち悪いです。この場合はいわゆる「コンポーネントギター」と言った方がしっくりくる気がします。

 

つぎに一般の人が作る自作ギター

一般の人でも昨今では角材から製作してる人が増えてきています。それについては間違いなくハンドメイドギターと言える物だと思います。

それ以外の方法ではほぼ完成したボディ、ネックを一般向けに販売してる業者から購入して組み上げてる人(ほとんどがボルトオンギターに限る)。一般人が購入できる業者で定評のあるところでは有名ギターメーカーにも納品している事があります。つまり有名メーカーが認めるボディ、ネックを使用する事で運が良ければ一般人でも一定レベルもしくはそれ以上のギターを作る事ができる可能性があるという事です。ただそれを使ってできあがったギターは「ハンドメイドギター」というよりやはり「コンポーネントギター」というカテゴリーがしっくりくる気がします。

※上の文章すべてはあくまで個人的主観です。

 

昔から楽器業界はメーカーが「ハンドメイドギター」とうたっているギターでもボディ、ネックは別業者から完成品を仕入れ、残りの塗装と組み上みの作業を自社で行う製造スタイルは結構多いです。決してこの製造スタイルが悪いわけではありません。この方法の場合は製品のクオリティを維持しつつ生産本数を増やせるメリットがありますし、楽器として「安定」しています。

完全なハンドメイドギターの場合は「安定」という意味では上記の製造スタイルより品質にムラがある場合があります。大きく外れの場合もありますし、逆に大当たりの場合もあります。ある意味ハンドメイドギターの醍醐味であり、個性が強いものが多いのも魅力でもあります。

 

ちなみにボディ、ネックを販売している業者

 

・アトランシア(日本)http://www.atlansia.jp/PARTS%20SHOP.html#NS-069

・ヤマ楽器(日本)http://www.yama-gakki.co.jp/

・Guitar Works(日本)https://www.guitarworks.jp/online/

・Musikraft(USA)https://www.musikraft.com/

・ワーモス(USA)http://www.warmoth.com/

・USACG(USA)http://www.usacustomguitars.com/

・B. Hefner(USA)https://www.bhefner.com/

まだまだありますが一応有名なのはこの辺でしょうか。

ばんば