ジャズマスターのヘッドはストラトのスモールヘッドよりでかい

 

ジャズマスターのヘッドは専用サイズ(ジャガーも同じ)

 

最近ネットを徘徊しているとジャズマスターにストラトのスモールヘッドネックを装着して販売されているモデルを見つけました。

あまり細かいところが気にならない方には違和感がないかもしれませんが「ジャズマスター愛好家」に見せたらたぶん何とも言えないテンションになると思います。

ものすごく極端に例えると「ストラトキャスターにテレキャスターのネックがついているようなもの」です。

 

ヘッド形状の違いを画像で確認(Fender)

 

まずジャズマスターのヘッドです↓

ジャズマスターのヘッドは発売当初から基本的にストラトのスモールヘッドよりも大きいジャズマスター専用のヘッド形状となっています。(ラージヘッドよりは少し小さめ)

こちらはストラトのスモールヘッドです↓

ジャズマスターのヘッドと比べると小さい事がよくわかると思います。

もちろんジャズマスターにもラージヘッド仕様があります。ラージヘッドに関してはストラトのラージヘッドと同じ形状となっています。(ラージヘッドは60年代後半から)

画像はストラトのラージヘッドです↓

 

どうでしょう各ヘッドのサイズや形状の違いが分かりましたでしょうか?

 

総じてジャズマスターにストラトのスモールヘッドネックが付いているのはある意味「イレギュラーな組み合わせ」という事です。

奇をてらっての「イレギュラー」なら問題はないと思いますが例えば「62年ジャズマスター再現」とかヴィンテージ仕様を売り文句にしている場合では明らかにちぐはぐな仕様になってしまいます。

もしジャズマスターに人一倍愛着があって細部までこだわった物がほしい人はヘッド形状を目を凝らしてチェックしてみましょう!

※とはいえちゃんとしたメーカー、ブランドなら上記の様な事はほぼないですけどね。

ばんば