テレキャスターシェイプで2ハムのギターを次回は作る。費用紹介

 

次作について

 

次回作るギターはテレキャスターシェイプで2ハム仕様にします。ブリッジはトレモロを搭載する予定です。

細かい所を言えばピックアップはダイレクトマウントでPOTやスイッチなどの電装系は裏側からの取り付け(ピックガードマウントではないという事)を予定。

それと次回作のネックは「半完成品」を使用します。

下記は現在集まっているパーツです(集まっている物で画像に写っていない物の詳細は一番下のパーツリストをご覧下さい)↓

 

半完成品ネックの詳細↓

時期はうろ覚えですが4年ぐらい前に僕が製作した物になります(未使用)。素材はウォルナットとローズウッド(指板)でできています。このネックは塗装やフレットのすりあわせまで終わっています。

残すところはボディに組み込んでからのナット加工とテンションガイドの取り付けのみとなっています。

 

ブリッジはGOTOHの510TS-SF2を用意しました↓

こちらはもちろん新品(未使用)なのですが入手価格がかなり安く済みました。ネットのフリマにて¥5,800で購入する事が出来ました。

このブリッジは6点支持のスティールブロック仕様。

一応組み込み時はノンフローティング仕様で組む予定でいます(べた付け)。ボディがテレキャスターシェイプなのでハードテイル感覚でセッティングを詰めてみるのも面白いんではないかと思っています。そうした場合スティールブロックが与えるサウンド面での影響も興味深い物があるのではないでしょうか。

 

ピックアップは下記パーツを使用してカバード仕様のハムバッカーを製作します↓

 

下記は現在掛かっている費用のリストです(ほぼほぼ決定価格)↓

※ピックアップの材料購入先のA.E.Sは「Antique Electronic Supply」の略です。

※こちらのリストのピックガード、フレット、配線材、塗料などは使う分だけを費用として計上しています。(塗料はほとんど16Lもしくは4Lの価格に対して算出しています。)

※パーツ購入時の送料は含まれておりません。

※材料費、パーツ代は記事を公開した日付時点での価格です(ネックの材料費に関しては当時完成させた時の費用になります)。

ばんば