Taylor100シリーズがリニューアル サイドバックがウォルナットに変更

製品情報

 

テイラー100シリーズの各モデルが2017年リニューアルとなりました

 

こちらはバック&サイドが以前のサペリの物と同様にトップ板が単板、サイドバックが合板となります。

合板とはいえウォルナットはサペリよりも少し高値で取引されている木材ですので今回のリニューアルは単純にグレードアップと考えていいのではないでしょうか。

また内部のブレーシングも再設計されているそうです。木材の変更もサウンドへの影響は高いですがブレーシングもサウンドに大きく関わっているところなのでサペリモデルとの違いがどれだけあるか気になるところです。

スチール弦ギターのピックアップには前モデルに引き続きExpression System 2(ES2)を採用。ナイロン弦ギターのピックアップにはES-Nを採用しています。

※下記以外にもノンカッタウェイモデルの110e、114e、12弦の150eもWalnutモデルがあります。

114ce Walnut

 

 

110ce Walnut

 

 

114ce-Nylon Walnut

 

ばんば

サウンドハウス 
サウンドハウス 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ギターの花道