テレファントム自作(2)ネックの製作開始

 

ネック製作開始

 

まずはヘッドトップの落とし込み加工から行います↓

 

加工後↓

 

ヘッドトップを落とし込んだら外周をカットしトリマーでトリミング↓

今回はヘッド部と指板部でセパレートした状態の型を使用しています(ヘッドがファントムシェイプ、それ以下がテレキャスターシェイプ)。

 

加工後↓

 

外周の加工が終わったらグリップ部の厚みを落とし仮グリップ加工を行います。

バンドソーでラフカット↓

バンドソーの加工跡は鉋で滑らかにします(直線も確保)↓

グリップ部は南京鉋や小刀である程度丸めます↓

 

加工後↓

 

仮グリップ加工が終わったらトリマーでトラスロッドの溝を掘ります↓

まずは弓なり状に直線溝を掘ります。

 

加工後↓

 

直線溝が掘れたらトラスロッドの根本とロッド用ワッシャーが収まる溝を掘ります↓

 

加工後↓

トラスロッドの根本とワッシャーが無理なく収まるか確認しておきます。

 

次にトラスロッドのナットが収まる穴をボール盤でネックエンドにあけます↓

 

加工後↓

ナットが上手く収まるかも確認しときます。

 

ナットの収まりに問題なければトラスロッド溝の埋め木を作っておきます↓

埋め木もトラスロッドの溝同様に弓なり形状で仕上げます。

 

完成したらトラスロッドを溝に入れ埋め木を接着↓

 

接着が乾燥するまでの間に指板の加工↓

テーブルソーでフレット溝を切っていきます。

 

加工後↓

ちなみにテレファントムは「0フレット仕様」なので本来ならばナットが位置する部分に0フレット溝を切ります。

 

一方ナット溝は0フレット溝よりも少し後ろに位置した所に掘ります↓

 

加工後↓

 

指板の溝加工が終わったら外周をある程度カットしておきます↓

 

次に接着していたトラスロッド溝の埋め木を処理します(乾燥後)↓

はみ出た余計な部分を鉋で処理。

 

加工後↓

 

埋め木の処理が終わったらトラスロッドを締め、ネックを少し逆反らした状態で上面を真っ直ぐに削り直します(トラスロッドがヴィンテージタイプの為この作業は必須)↓

 

最後に指板を接着↓

今回の作業動画はコチラ↓


ばんば