テレファントム自作(3)ネック完成&ピックガード製作など

テレファントムタイプ自作

 

接着した指板の処理から

 

指板の外周(はみ出た部分)をメイプル側に合わせるように加工↓

加工は鉋、ノミなど。

エンド部は鉄ヤスリなどで。

 

指板外周が整ったらヘッドトップのカーブ加工↓

ベルトディスクサンダーの丸い部分で加工。

 

加工後↓

ベルトディスクサンダーでの加工後はノミや紙やすりを使用し整えています。

 

カーブが整ったらペグ穴をあけておきます↓

※いつもとは違うタイミングで穴あけ作業をしていますが今回のタイミングでも特に問題はありません。

 

次は指板のR加工↓

テレファントム(本家)のRがいくつに設定されているかは分からないので無難に9.5インチ(約241mm)で加工。

 

加工後↓

Rスケールで形状チェック。

 

指板のR加工が終わったらポジションマークの穴をあけます↓

指板トップはいつも通りの穴あけ。

指板サイドに関しては下記の治具を使用します↓

この治具を指板サイドに貼り各ガイド穴にドリル刃を沿わせながら穴をあける事で横一列の穴あけも比較的簡単。

ちなみに今回はローズウッドとメイプルの境にサイドポジションマークを埋めます(フェンダーのヴィンテージスタイル同様)。

 

穴あけが完了したらポジションマークを接着↓

接着後に各ポジションマークの余分な部分はヤスリで削っています。

 

ポジションマークが付いたらフレットを打ち込みます↓

 

打ち込み後↓

フレットサイドは処理済み。

 

フレットを打ち込んだらヘッド厚、ヒール厚、グリップ厚を調整します↓

各作業はベルトディスクサンダーで荒加工(仕上げは紙やすりで手作業)。

グリップ厚は1フレットと12フレットの2箇所を先に加工。画像はないですがこの加工後に1フレット~12フレットの間を鉋で直線に削ります。

 

各厚みの調整が終わったらネックグリップの仕上げ加工↓

仮グリップ加工時と同様に南京鉋、小刀など

で加工します。

 

加工後↓

表面は紙やすりである程度整えています。

 

ネックグリップが仕上がったらナット(無漂白牛骨)を接着しておきます↓

※ナットの幅と高さは調整済み

 

次にフレットサイドの隙間をパテで埋めます↓

※メイプル部は汚れ防止にマスキング

 

パテが硬化したら紙やすりで整えます↓

 

ついでにプレイアビリティ向上のため指板サイドのエッジ(角)は丸めておきます↓

 

次はネックとボディをクランプで仮固定しジョイント用の穴をドリルでネック側にあけておきます↓

 

ネックの加工はこれで終わりです。次にテレファントム用のピックガードを製作しておきます↓

以前に製作しておいたピックガード用の型を3plyの板に貼りバンドソー&トリマーで外周とピックアップ部を仕上げます。

 

外周とピックアップ部が仕上がったら取付ビス穴とスイッチ穴を型の穴に沿ってあけます↓

取付ビス穴は面取りもします。

 

ピックガード完成↓

 

最後にネック、ボディ、各パーツなどを仮組みして各所に問題がないか最終チェックをしておきます↓

今回の作業動画はコチラ↓


ばんば

サウンドハウス 
サウンドハウス 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ギターの花道