BOSS OD-200 DD-200 MD-200 EQ-200発表

 

BOSSコンパクトかつ多機能で凝縮された200シリーズ発表

 

新しく発表されたBOSSの200シリーズ。500シリーズのペダルとは異なりこちらのシリーズはコンパクトな筐体の中に高品位なサウンドを凝縮したスタイルのペダルとなっています。

※発売は今夏(2019)より順次発売

全モデル共通して直感的なサウンドメイキングがし易い設計となっています。またメモリー機能も共通して搭載しておりフットスイッチによる多彩なプレイも可能となっています。

200シリーズはサンプリングレート96kHz、AD/DA変換32bit、内部演算32bit floatの高度な演算処理を実現しています。全モデルとも筐体の側面にMIDI端子を標準装備。また同じく側面に設けられたMicroUSB端子により最新のファームウェアにアップデートを行う事も可能となっています。

 

OD-200 Hybrid Drive

OD-200 Hybrid DriveはBOSSならではのノウハウやサウンドを詰め合わせたオーバードライブ/ディストーションペダルです。

回路はアナログとデジタルのハイブリット回路が採用されています。ドライブモードは「OVERDRIVE」「BLUES」「SCREAM」「CNTR OD」「X-DRIVE」「DIST」「X-DIST」「STACK DRIVE」「FAT DIST」「BROWN」「X-METAL」「FUZZ」の12種を搭載しており、その他セクションには3バンドEQ/ブースト/ノイズゲートなども用意されているのでそれらと組み合わせる事で多彩なサウンドを作り出す事が出来ます。

 

DD-200 Digital Delay

サウンドハウスの価格はコチラ

 

DD-200 Digital Delayは DD-500譲りのサウンドと機能を受け継いでいます。

ディレイモードは「STANDARD」「ANALOG」「TAPE」「DRUM」「SHIMMER」「TERA ECHO」「PAD ECHO」「PATTERN」「LO-FI」「DUAL」「DUCKING」「REVERSE」の12種を搭載。

BOSS DMシリーズを再現したクラシックで温かみのあるアナログディレイ、ヴィンテージな雰囲気のテープエコーサウンド、クリアネスなデジタルディレイなどこれぞBOSSサウンドと言えるディレイペダルとなっています。

ルーパー機能は60秒まで録音可能となっています。

 

MD-200 Modulation

MD-200 ModulationもMD-500譲りのサウンドと機能を受け継いでいます。

モードは「CHORUS」「CE-1 CHORUS」「FRANGER」「PHASER」「VINTAGE PHASER」「CLASSIC VIBE」「VIBRATO」「TREMOLO」「ROTARY」「AUTO WAH」「SLICER」「OVERTONE」の12種を搭載。

いづれもBOSSならではの高品位なモジュレーションサウンドとなっておりコーラスには名器CE-1のサウンドも搭載。

MD-500搭載のインサート機能はMD-200にも搭載されています。接続した外部エフェクトペダルにMD-200 のエフェクトを前段に置くか後段に置くかの選択が可能。

 

EQ-200 Graphic Equalizer

サウンドハウスの価格はコチラ

 

EQ-200 Graphic Equalizerは視認性の高いLCDディスプレイを内蔵した10バンドイコライザーです。

EQ-200は2チャンネル仕様のイコライザーでパラレル/シリーズ接続が可能な設計となっています。インサート機能はEQ-200にも搭載しており外部エフェクトの前段と後段に別々に設定されたイコライジングを適用する事もできます。

10バンドの中心周波数は3タイプより選択可。メモリー機能と合わせ積極的なトーンメイキングが可能な一台となっています。

Introducing the BOSS 200 Series (DD-200, EQ-200, MD-200, OD-200)
BOSS 200 Series: DD-200 & EQ-200 First Look

ばんば