Electro-Harmonix Grand Canyon 「Canyon」の進化版

 

Delay & LooperのCanyonがさらに進化

 

サウンドハウスの価格はコチラ

 

新しく発表されたGrand Canyon(グランドキャニオン)は12種のディレイタイプとオーバーダビングできるルーパーを搭載しています。

通常版のCanyonよりも少し大きめの筐体になっており各パラメーターの設定が本体右側に設置されたノブでより細かくできるようになっています。(例えばモジュレーションモードならReteやDepthの調整など)

プリセットはCanyonの10種から12種へと増加し(DRUMとDOUBLEモードが追加)、それに加えルーパーの録音時間も約1分だったものから16分へと強化されています。(TAP/LOOP専用フットスイッチも追加されています)

エクスプレッションペダルやステレオアウトも追加で装備されていてよりリアルタイムなサウンドメイキングや表現が可能となっています。

各モード↓

1. ECHO: デジタルディレイ
2. MOD: モジュレーションディレイ
3. MULTI: マルチタップディレイ
4. REVRS:リバースディレイ
5. DMM: Deluxe Memory Man
6. TAPE: テープディレイ
7. RVERB: リバーブ+ディレイ
8. OCT: オクターブディレイ
9. SHIM: シマー
10. S/H: サンプル&ホールド
11. DRUM: ドラムエコー
12. DOUBLE: ステレオ
13. LOOP: ルーパーモード(最長16分)

Electro-Harmonix Grand Canyon Delay & Looper

ばんば