アコギ(000)自作(6) バック板の割れ止め接着&トップ板ブレーシングの加工

 

前回接着したバックブレーシングは問題なく付きました

 

今回は前回接着したブレーシングの間にセンター割れ止め用の板を接着していきます↓

※割れ止めは単板でセンター2ピースもしくは3ピースで継いでいる場合は基本的には必須です。繋ぎ目のない1ピース板は不要です。

 

割れ止め製作にはトップ板を切り出した時の余りなどを利用すると良いです。厚さはおよそ2~3mm位が一般的です。(余りがない場合はブレーシング用として用意した物から製作)

 

こちらは加工後です↓

とくに特殊な加工はありませんが各ブレーシングの間にピッタリとはまる様に加工しています。(角は丸めています)

 

こちらは接着後↓

各割れ止めの上には同じサイズぐらいの当て板を乗せその上からクランプで隙間なく接着できるように押さえこんでいます。

ボディエンドから2番目の割れ止めは位置的に手持ちのクランプではどうやっても届きません。なので当て板の上にアルミ棒を乗せ、そのアルミ棒の両端をクランプで押さえる事で力が割れ止めに掛かるようにしています。

 

次はトップ板のブレーシング製作です↓

まずトップの上にテンプレートを乗せます。こちらのテンプレートには各ブレーシング位置のガイドが記されているのでそれを元に位置を罫書きます。

テンプレートを乗せる↓

罫書き後↓

テンプレートはLMI製の物を使用していますがブレーシングの位置や形状、本数を少しだけ変更しています。(別に変更しなくてもノーマルで問題のないテンプレートです)

 

位置が決まったらそれに合わせて各ブレーシングの加工です。

バックブレーシングの時と同様にアイモクさんから購入したスプルース板を加工していきます。

バンドソーでざっくりカット↓

幅出しはベルトディスクサンダー&自動かんな↓

※高さはまだ加工してません。

 

加工後↓

次回はブリッジ部の補強プレート製作、ブレーシングのラウンド加工などを行います。

ばんば

サウンドハウス 
サウンドハウス 
アコギ(000)自作
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ギターの花道