HOSCOのギターキットで自作(9)ボディの艶出し~ナット加工

 

まずはボディの水研&艶出しから

 

前回のネック同様に水研で塗面を整え、その後にコンパウンドをつけたポリッシャーで艶出しを行います↓

水研後↓

ポリッシャーで艶出し↓

艶出し後↓

 

次にストリングブッシュ部のマスキングテープをデザインナイフなどで丁寧に剥がしていきます↓

今回はストリングブッシュを先にはめた状態で塗装を行ったのでこの作業が必要になります。焦って周りの塗装を剥がしてしまったりしないように注意しながら行います。

剥がし終えたところ↓

 

同様にネックポケット部のマスキングテープも剥がしておきます↓

 

次にピックガードやコントロールプレート、ブリッジなどを取り付けます↓

ピックガードは位置決め後にネックポケット部とピッタリになるように加工しておきます(コロ付きビットを取り付けたトリマーで加工)

※画像は加工前

コントロール部の配線↓

各パーツ取り付け後↓

 

各パーツ取り付け後はネックをボディに取り付けます。その後は弦を張りナットの溝加工と整形を行います↓

ナット加工完了後↓

残るは全体調整のみで次回は「HOSCOのギターキットで自作』の完成報告となります。

ばんば