ムスタング自作の花道(4)指板加工~接着

 

まずは指板を接着する為の下準備

 

先日接着した埋め木のはみ出た部分を鉋で削り平らにしていきます↓

 

平らになったらトラスロッドを少し締めネックを逆反らせます↓

画像ではスケールを当てどれくらい反ったかを確認しています。

※この段階で逆反らせる理由は過去の記事を参考にして下さい。(ヴィンテージタイプのトラスロッドを使用する場合)

テレキャスター自作の花道(8)フレット溝加工(テーブルソーで溝切り)
早速ですが前回接着したトラスロッド溝の埋め木を削っていきます。はみ出た埋め木部分をネックの指板接着面に合わせます。ばんばの場合この時の作業は豆平鉋を使用しています。(逆目に注意)豆平鉋は以前にネックのグリップ加工で使用した「南京鉋」同様に揃えておくと重宝します。削り終わったらトラスロッドがちゃんと機能するかこの段階で確認します。次はフレットの溝切りです。使用するのは「テーブルソー」という機械と市販のフレット溝切り用テンプレートです。

 

 

ある程度反らせたら直線になるよう削り直します↓

手押しカンナでザックリと直線を出し最終的には紙やすりをつけた当て板で仕上げています。

 

加工後↓

スケールで直線を確認。

 

次に指板の加工です↓

テーブルソーでフレット溝を切っていきます。

 

加工後↓

 

フレット溝の加工が終わったらナット溝をトリマーで掘ります↓

 

加工後↓

 

ナット溝の加工後は指板外周をネック側より少し大きめのサイズでカットしておきます↓

 

カットした指板をネック側に乗せセンターラインの確認をします↓

 

各センターの確認ができたらタイトボンドで接着して終了↓

次回は指板のR加工、フレット打ちなどを行いたいと思います。

ばんば