レスポール自作(29)ネックグリップの加工とナット取付

レスポール自作

 

ネックグリップを仕上げる

 

昨年はフレット打ちまで行いましたので本日はネックのグリップを仕上げていきます。

まずは先に1Fと12Fを仕上げ予定の厚みに仕上げます↓

 

予定の厚みになったら削った1Fと12Fを直線で繋ぐようにネック裏中央を削っていきます↓

 

加工後↓

1Fから12Fまで直線がしっかり出ていればOKです。この時点で12Fの厚みが25mm、8Fで24mm、1Fで23mmに仕上げています。

 

次にグリップの加工をします↓

南京ガンナで形状を確認しながら削っていきます。(形状は以前製作したグリップ用冶具で確認しています)

 

ネックヒール部やナット付近は南京ガンナだとやりづらいので小刀を使用して仕上げます↓

 

グリップの加工完了↓

 

次はナットの取り付けです。ベルトディスクサンダーで荒加工後、幅などを紙やすりで微調整して接着↓

本日はここまで

ばんば

サウンドハウス 
サウンドハウス 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ギターの花道