レスポール自作の花道(17)ボディジョイント周りの段差の加工

 

指板がのる平面の確保

 

レスポールの指板はハイフレット部からボディに直接接着されています。画像を見れば分かると思いますがこの状態ではボディの段差が邪魔で指板は貼れません。その為ネックと同じ角度にジョイント周りを削らなければなりません。

 

加工の際はネックをはめて角度を罫書きます↓

 

罫書いたらその線を目安にトリマーで加工していきます↓

この時は角度をつけて加工しないといけないのでジョイント加工時に使用したテンプレートを少しずらして使用し、角度のついた直線テンプレートとして応用しています。

※反り鉋などを使用し終始手作業でも可能です。

 

加工後↓

幅はとりあえず指板が収まるぐらいを目安に掘っています。

この状態では指板はボディに埋まった状態なので掘った溝と同じ高さを目安に周りを削ります。

 

削る時は反り鉋を主に使用し、場所によってはノミや平鉋も使用します。

画像の段階で5割ぐらいは加工をしています。

 

ある程度加工が終わった後↓

最初に掘った溝がほぼないのが分かるかと思います。

 

この段階では完全には平面が整っていませんので指板をのせるとまだ隙間があります↓

 

仕上げにはネックをはめてスケールなどで段差をチェックし、出っ張っているところは紙やすりをつけた当て板、平鉋などで慎重に削っていきます↓

スケールで確認する時は縦、横方向からチェックします。

※縦方向はネックのナット位置から指板エンド位置まで直線がでているかを見ます。この時点でネック自体の直線がでていなければ先にネックの直線を整えておきます。

 

指板をのせ隙間がなければ完了です。

本日はここまで

ばんば