レスポール自作の花道(9)トラスロッドの仕込み、ヘッドサイドに耳材接着

 

まずはトラスロッドアジャスト部の加工

 

加工はテンプレートを使用しトリマーなどで行ったほうが早いですが今回はノミを使用して手作業で行います↓

ここは掘る深さがそれなりにシビアな部分なので個人的には手作業で地道にやった方が性に合ってます。

 

加工後↓

この加工ではいくつかのチェックが必要になります。

・トラスロッドを仕込んだ時にパイプレンチがスムーズに入るか?
・トラスナットがヘッド表面に飛び出していないか?

 

パイプレンチが入らなければ当然ロッド調整が出来なくなります。またトラスナットが表面に飛び出してしまっているとロッドカバーが平らに取り付けできなくなってしまいます。

※トラスナットの飛び出しに関してはこの後ヘッド表面に突き板を貼る場合、突き板の厚み分も考慮して加工します。

トラスナットが飛び出していないかはスケールをヘッドに当てチェックします↓

 

アジャスト部が終わったらロッド溝に収まる埋め木を作ります↓

作り方はFender系のギターと特に変わらずです。参考記事は下記をご覧下さい。

テレキャスター自作の花道(7) ネックにトラスロッドを仕込む
まずは埋め木を加工していきます。埋め木はネック材を切り出した時の物を使用しています。次に厚み出しと先ほど書いたカーブに沿ってカットしていきます。今回使用しているトラスロッドは5mmなので余裕をもって6mmぐらいにカットしています。画像ではバンドソーを使用していますが、これぐらいだったら糸のこ盤とかでもサクサクいけると思います。あてがったら手で押さえながらテンプレートのカーブに沿って罫書いていきます。この時にテンプレートの中心(一番深い部分)も埋め木に罫書いておいて下さい。

溝に隙間なく収まれば加工は終了です。

 

次に耳材接着の下準備をします↓

耳材とはギブソン系ギターに多く見られるヘッド両サイドの継ぎ足し部の事です。接着する前にはヘッドサイドをやすりなどで平面になるよう仕上げます。平面が不十分だと接着不良を起こし完成後徐々に剥がれるなどのトラブルが発生する事もあるので注意しましょう。

※耳材を接着する前の段階でヘッド幅は大体57mm~58mm位にしておきます。継ぎ足す耳材の幅はヘッドの寸法に足りていれば特に決まりはないです。

 

耳材接着の準備が出来たらまず初めにトラスロッドを仕込んで埋め木を接着します。その後に耳材を接着します↓

本日はここまで

ばんば