レスポール自作の花道(8)ネックグリップの仮加工、トラスロッド溝加工

 

まずはネック幅をある程度カットします

 

この段階では実際の完成予定値より1~2mm位大きめにバンドソーでカットしときます。

 

加工後↓

カット後はある程度カット面をやすりなどで整えています。

 

次に先日カットしたグリップ面の直線を出しておきます↓

加工は紙やすりを貼った当て板を使用し、スケールでしっかり直線がでているかチェックしながら削ります。

 

直線がでたらネックグリップの仮加工をします↓

今まで製作したギターと方法は特に変わりなく南京鉋や小刀などを使用して仕上げていきます。

※マスキング部はこの段階では削らない部分を保護してます

 

加工後↓

画像ではゲージで形状のチェックをしています。

 

次にトラスロッド溝を掘っていきます。実際にトラスロッドを置き位置決めをします↓

※この時に必ずトラスロッドを仕込む面が平面で直線になっているかをチェック。平面でなければこの段階でしっかりと狂いを取っておきます。

 

トラスロッド溝はいつもどおり専用のテンプレートを使用してたわんだ溝をトリマーで掘っていきます↓

今回は溝の中心(一番深くなる箇所)は7フレットと8フレットの間にしました。(位置は僕の設定なのでヴィンテージに準じているわけではありません)

 

加工後↓

トラスロッドを収めてみましたが特に問題はなさそうです。

トラスロッドアジャスト部は後日加工していきます。

ばんば