ジャズマスター自作の花道(3)コンター加工、ブリッジ(スタッド)穴あけ

 

まずはバックカットの加工から

 

バックカットは前回のストラトの自作と同様にノコギリである程度切込みを入れ、その後に叩きノミと南京鉋で荒加工していきます↓

 

荒加工後は鉄やすりや紙やすりを使用して加工面を綺麗に整えます↓

 

次はエルボーカットの加工です↓

豆平鉋を使用して削っていき、仕上げは紙やすりなどを使用します。

 

仕上がり後↓

 

全体のコンター部はこんな感じです↓

 

次にブリッジ用のスタッド穴をボール盤で開けます↓

今回の場合は9mmのドリルを使用し、深さは20.5mm開けています。

 

穴あけ完了後↓

本日はここまで。

ばんば