ストラトキャスター自作の花道(16)ネック&ボディ塗装 サンディングシーラー、クリヤー

 

昨日に引き続きネックとボディの塗装

 

昨日ラッカークリヤーを3回吹いた面を軽く研磨して整えます↓

紙やすりの1000番で細かな凹凸を整えていきます(水研)。

※水研後はよく水分を拭き取り乾燥させてから次の工程に移ります。

 

水研後は艶消しクリヤーを1回吹いてネックの塗装は終了です↓

いつも通りヘッドトップは乾燥後バフ掛けで艶有りにします。

 

次はボディの塗装です↓

ウッドシーラーを吹いた面の毛羽立ちを600番の紙やすりで軽く研磨して取り除いていきます。

 

毛羽立ちを取り除いた後にサンディングシーラーを3回吹きました↓

今回はこれでサンディングシーラーの吹き付けを終わりにします。

ラッカーなのに吹き付け回数が少なすぎると思う方もいると思いますが今回は以前製作したギターよりもさらに塗膜を薄く仕上げてみたいと思ってる為この回数にしています。

本日はここまで

ばんば