ストラトキャスター自作の花道(5)ボディにパーツの位置決め&穴あけ

 

ピックガード、ジャックプレートの位置を決め穴を開けていきます

 

僕の場合は位置決めをする時にピックアップやスイッチ、POT(1個)を取り付けて行っています。こうする事によって正確な位置はもちろん組み込み時に収まりが悪いなどのトラブルも避けられます。

※ピックガードのマスキングテープにはセンターラインを記入しています。ボディのセンターとピックガードのセンターがずれてしまうと弦がポールピース上から大きく外れる事があるので要注意。

 

ボール盤で穴あけをします↓

 

穴あけ完了↓

※画像には撮っていませんがストラップピンとバックプレートの取り付け穴も開けています。

 

次にピックガードを数か所ネジ止めします。その状態でジョイント部をトリマーでボディ側にピッタリになるよう加工していきます。

※ねじ止めはトリマー加工の邪魔にならない箇所。

 

ピッタリ↓

これでボディの加工は終了となります。木地調整は塗装前に行いますのでそれまで保管しておきます。

次回はネックの製作開始です。

ばんば