テレキャスター自作の花道(6) 湾曲したトラスロッドの溝を掘る

 

トラスロッドを仕込む為の溝を掘ります

 

前回は外周加工、グリップ裏の仮加工、ヘッドの落とし込み加工などをやりました。今回はネックの加工では重要な部分でもあるトラスロッド部の加工をしていきます。

 

では早速作業に入ります。

まずはトラスロッドの溝を掘る前に指板接着面側の直線を整えていきます。

今回は直線の崩れが少ないので紙やすりを貼り付けた当て板を使用して微調整していきます。

※ネック裏のグリップを削るとネックが大きく反る場合があります。(木材は多く削った側に反る事がある為)反りがひどい場合はカンナなどを使うと早く作業が終わります。)

 

直線がでました↓

 

直線がでたらトラスロッドを仕込む位置を決めます。

僕の場合はトラスロッドのT字になっている部分が0フレット(ナット)よりも少し手前に来る位置に仕込みます。

下の画像がちょうど位置決めしたところです。ただよく見るとトラスロッドの先端部分がネックからはみ出ているのが分かると思います。今回は先端を少し切断していきます。(フェンダー系であれば450mm前後の長さがちょうどよいです)

 

切断はボルトクリッパーがあると楽にできます。ただし先端部分は少し荒れるので切断後は鉄やすりなどで整えましょう。

 

切断したらネジ切り部が短くなるのでダイスを使用して新しいネジを切っていきます。画像では「M5」でネジ切りをしています。ネジ部の長さは20mm位あればいいと思います。

ギターのリペアや製作でたまにタップやダイスがあると便利な時があります。持っていない方はセットで揃えておくと重宝しますよ。その際は切削オイルも忘れずに。↓

 

ネジ切りが終わりました。長さもちょうどよい位置に収まっています。

トラスナットに入るネジ切り部の長さは画像ぐらいがちょうど良いと思います。ネジ切り部が入りすぎる位置で仕込んでしまうとネック調整の効き幅が少なくなってしまいますので注意。

 

トラスロッドの位置決めや長さの調整が終わったら仕込む為の溝を掘っていきます。

まず溝を掘る為にセンターラインをネックに罫書きます。次にセンターラインから5mmの並行の線を両サイドに罫書きます。この線はテンプレートを取り付ける時の目安線です。

中央のセンターラインに対して垂直に書いている線は湾曲した溝を掘った時に一番深くなる部分です。大体7、8フレットが一般的です。(画像では7フレットの位置に線を書いてます)

 

今回使用するトラスロッドは湾曲させてネックに仕込むため下の画像のようなテンプレートを使用します。

こちらのテンプレートは厚みが5.5mmのMDFで作っています。重量のあるトリマーを使用する場合はメイプルなどの硬い木材で作った方がいいかもしれません。

特に製作の方法は記載しませんが他の記事で紹介しているテンプレート製作方法を応用して頂ければ簡単に作れると思います。

ちなみに中央の直線部分は10mm幅です。長さは使用するトラスロッドの長さに対応できる寸法で作っています。

 

裏側の両端には下駄をはかせています(接着)。この下駄は湾曲形状を作る為のポイントになります。

下駄の厚みは4~5mm位がいいと思います。画像の物は4.5mmです。

 

取り付けるとこんな感じです。

※取り付けはビスでしっかりと固定しています。ヘッド側と中央のビスはあまり長いものを使用しないで下さい。ネック加工時にビス穴が貫通する為。

 

このように両サイドに下駄をはかせたテンプレートをビスで固定する事で自然なカーブを作ることができます↓

 

このテンプレートの上からトリマーで加工していきます↓

今回のネック厚の場合、中央部の一番深いところで13mm掘っていきます。(完成時のネック厚は1F21.5mm、12F23.5mmを予定)

 

この加工時にはトリマーに「テンプレートガイド」を取り付けます。このテンプレートガイドはテンプレートに沿って加工をしていきますがトリマービットとガイドの位置の関係上テンプレートよりも内側に加工されるのが特徴です。(テンプレートガイドはトリマーを購入した時に付属している場合が多いです。)

それを考慮した上で溝加工のテンプレートは作っています。テンプレートの中央の幅が10mmなのはトリマーのテンプレートガイドの幅が10mmだからです。

 

テンプレートガイドの先端が溝加工テンプレートにピッタリはまるようになっています↓

ほとんど隙間やがたつきがないのが理想です。トリマーのビットはトラスロッドの径に合わせます。(今回は5mm)

 

溝加工が終わった後です(直線部分)↓

 

次にT字部分と先端のトラスナット用ワッシャー(平板タイプ)が入る溝を掘ります。

僕の場合はこの部分はテンプレートを使わずトリマーのフリーハンド加工で行っています。フリーハンド加工が不安な人はテンプレートを作って下さい。

 

次はトラスナットが入る穴をボール盤であけていきます。

穴の部分とトラスロッドの先端部分がずれると今までの加工が全て無駄になります。最悪ネックの作り直しになるので位置は慎重に確認して穴あけしていきます。

 

無事にずれもなく穴があき、トラスロッドの仮組込みもできました。

本日はここまでです。次回はトラスロッドの埋め木の加工をやりたいと思います。

ばんば