楽器の盗難にご注意! ちょっと目を離したすきに盗まれてしまう!? ギター盗難にあったらすぐ周辺楽器店に連絡を!

 

楽器から離れる時は誰かに頼んで見ていてもらうことを強くお勧めします!

 

僕が楽器店勤務時は楽器の盗難話は結構頻繁に飛びかっていました。

 

スタジオやライブハウスなどの共有スペースに楽器を置いていた際、トイレなどにいったり、ちょっと目を離したすきに悪意のある誰かに持っていかれてしまうという被害。

 

スタジオやライブハウスなどで楽器が盗まれた場合、近隣の楽器店やリサイクルショップなどとうまく連携をとれているスタジオ、ライブハウスであれば犯人が盗難品を売りに来た時に早く発見できることもあります。もし連携が取れていない場合は被害者自身が周辺の楽器店やリサイクルショップになるべく早く連絡することをお勧めします。

 

また盗まれた楽器のメーカーによっては、メーカーのサイト上に盗難品情報が掲載されたり、メーカーの営業の人が担当している各楽器店に盗難品の情報を伝えてくれるところもあります。

(僕の経験上ではVanzandtなどを扱ってるトーラスコーポーレーションさんが結構対応が良いです)

 

2017年3月中旬

 

上記は個人被害の話ですが、盗難に関しては店舗被害も当然あります。つい最近ですが岡山のリサイクルショップで50万円相当のギターが盗まれたそうです。

 

犯人は店内でまず初めに2,500円程のギターとギターケースを買い、その後店内の50万円相当のギターと中身をすり替え店を出たそうです。

しかしその後同じ系列店のリサイクルショップに盗んだギターを売りに行ったときに盗難品とバレてしまい警察に捕まったそうです。盗んでからおよそ8時間後の話です。

 

まさにリサイクルショップ各店舗との「連携」がものをいい早く解決できたんだと思います。

 

換金目当ての犯人は盗んだものを手元に長く置いておくのを嫌います。その為早く換金しようと行動に出ます。

万が一被害にあってしまった方は盗まれたと分かった瞬間からすぐ対処をしましょう!

「楽器を盗む人最低です!」

ばんば