すごいよサウンドハウス!国内楽器通販サイトで価格の安さはダントツ

 

みなさんは通販サイトのサウンドハウスって知ってます?

 

楽器をある程度やっている人なら多分知っているかと思います。

楽器や音響関係を販売してる会社で主に自社サイトによる通信販売を行っている会社です。ちなみに千葉の成田にショールーム(展示スペース)もあるので実際に商品自体を見にいく事も可能です。

 

サウンドハウスの何がすごいか?

 

一番はなんといっても商品の価格です!

 

言っていいのかわからないですけど、僕が楽器店に働いていた当時、メーカーから送られてきた商品の原価(仕入れ値)が「\9,000」だったものに対してサウンドハウスでは「\7,980」で販売していました。

詳しく説明すると楽器店が\9,000で仕入れたものは「SALE」でないかぎりお客さんに販売するときは\12,000前後の価格設定が一般的です。

それに対してサウンドハウスは\7980!

もう楽器店の原価以下です!その価格を実現している商品は大体「並行品」の事が多いです。

 

通常各商品に対して大概は正規輸入代理店というメーカーが存在します。そのメーカーからは仕入れず直接輸入もしくは正規以外の会社から仕入れた物を並行品といいます。

正規品は正規メーカーの保証を受けられますが、並行品は正規メーカーの保証は受けられない事がほとんどです。並行品に関してはほとんどが販売会社の保証規定が設定されています。

 

サウンドハウスの場合は正規メーカーから仕入れているものと並行品のものが混在していますが、楽器店と比べて極端に安いものは並行品の場合が多いです。しかし中には正規メーカーから仕入れているものでもかなり安い商品がありこれはおそらく大量に仕入れる事でメーカーと交渉し価格を抑えているのだと思います。まさに企業努力です。

 

「並行品はやめたほうがいい?」

 

結論から言うとそんなことはないです。

どうしても正規メーカーの保証が受けたいもの、もしくは受けられないと修理に支障がでるもの(純正パーツが使えないなど)に関して不安な方は正規品を購入した方がよいですが、それ以外の人は純粋に価格で決めてもいいですし、買う商品によって正規、並行品を選ぶのもよいですね。

サウンドハウスは楽器関係の小物類が安めでかなり充実しています。なので例えばギター弦やピックとかなど特に正規品でなくても問題無い物に関しては価格重視で選択する事で日々の楽器メンテ代をかなり抑えられると思います。

 

実際楽器店に勤めていた当時、社割で一般の人より安く買える立場にあった僕でしたが、自分の店では買わずサウンドハウスでよく買い物をしていました。

きっと全国の楽器店の共通認識はたぶん下記の一言に尽きるんじゃないでしょうか。

「価格においてサウンドハウスとは張り合わない。いや張り合えない。」

まあどの業界も通販サイトにおされ気味だからしょうがないですけどね。

ばんば

サウンドハウス 
サウンドハウス 
雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ギターの花道